一石二鳥のアルバイトⅡ

2019年04月18日

一石二鳥のアルバイト(11)

浩輔は今日もトレーニングに励む。ビキニパンツも結構ヨレヨレになったんだけれど、まあ使い古しがいいっていう嗜好らしい。壁にはボディビルダーのポスターがデカデカと貼りだされている。このアパート自体はかなり古くて、壁紙はもうボロボロになっている。ダンベルを肩の上まで上げて上下させる。これだけ大胸筋が発達すると、筋肉を維持していくのはもちろんのこと、その大胸筋を維持するための筋肉も必要になるという、まあ半端ない労力が必要になってくる。それでいてパキパキに割れた腹筋まで維持しなければならないのは至難の業だ。ここまでになると止めるに止められない、そんな状況に陥っている。鏡を見る。鏡で入念にバランスをチェックするのも重要だ。すると、ガチャっとドアが開いた。鏡越しに高志の姿が見えた。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)

2019年04月20日

一石二鳥のアルバイト(12)

「おい、テメェ、ゴルゥゥゥアァ!」と、何やら当初から立腹モード。まあ、高志のことを知らないけれど、仕事相手なのか部下か上司か、分からないけれどストレスが溜まるとそれをここで発散させている。まあ、どこかの中小企業のドラ息子か何かなんだろう。「何だありゃぁ、テメエ、ふざけんな、仕事なめんな、おいっ。」と、肩を突かれる。身に覚えがもちろんあるわけではないのでされるがままになっている。「テメエ、その頭は何だ、スカスカか、脳みそスッカラカンか、頭使え。カラダばっか鍛えて脳に栄養行ってねーんだろ。」ま、俺のことも混じっているんだろうか、それとも俺に似た奴でもいるのだろうか。「何とか言えよ、おい、おいっ。」知らないので憮然としている。「食いもんに文句つけやがって、豚が、残飯でも喰ってろ。」背景を知らないので、怪訝そうに高志を見ていると、「何だ、その目は、その反抗的な目は何なんだよ。何だ、テメエのオヤジがなんぼのもんなんだよ、俺は怖くねえぞ!」と言って、浩輔の股間を蹴り上げた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)

2019年04月21日

一石二鳥のアルバイト(13)

しかし、本当にビビっていたのか知らないが、股間を直撃はしなかったんで全然効かなかった。その姿を見て、さらに高志は目を丸くしておびえた表情をしている。「ああ、やっちまった、やっちまったよ。俺、殺されるよ、違う、違うんですよ、魔が、魔がさしたんですよ。許してください。俺、そんなんじゃないっすよ。」と、高志はおもむろに着ていた汗でドロドロになったシャツやズボンを脱ぎ棄てて、一糸まとわぬ姿になって、仰向けになった。「ほらぁ、俺、もう何も持っていないっす、無防備です、もう、俺、何されてもいいっす。何なら、ほら、蹴っていいっす。」と足をかぱっと開いて、無防備な股間を剥き出しにした。本当に恐れているらしく、股間はもうこれ以上ないって言うほど、土にめり込んだドングリのように縮こまっていた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)

2019年04月24日

一石二鳥のアルバイト(14)

なんだかこんなの蹴ってもなって感じだが、これも仕事なんでってことで、素足で踏んでみた。すると、予想通りムクムクと股間が息を吹き返してきた。「潰してください、気が済むまで潰してください。どうか許してください。」なんだ、コイツ、とことん根の腐ったクソ野郎だなと呆れたが、そういうので、股間を蹴り上げた。その勢いで、玉が引きちぎれるんじゃないかというくらい、上に跳ね上がった。「まだ、まだぁ。」とちょっと甲高い声になって言うので、今度はもっと正確に狙いを定めて股間を狙って蹴った。足の指先に玉が引っかかる形になって蹴り上げたので、本当に玉を蹴り上げる形になった。バチンとその反動で竿が腹に当たって音を立てた。「ぐひゃぁぁぁぁ。」と股間に手を当てて足をばたつかせてもんどりうっている。逆の立場ではなくて良かったというくらい、ジャストヒットしたからな。見ているこっちまで痛みが移ってくる。粗い呼吸をしてこっちを睨んでいる。相変わらず股間を押さえている手を掴むと、観念したかのようにその手を除けた。そして、正拳突きを玉二つに目がけて打ち下ろした。「あぁゃぁ。」と短い悲鳴をあげると、やはりいつものように白濁した液を垂らしながら気を失った。「ふぅっ」と一呼吸置いて、ステンレスの皿の上に置いてある万札を掴むと、その姿を顧みることなくシャワールームに向かった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント