ゴーグルマンⅢ

2018年06月16日

ゴーグルマン(7)

「こんにちは。」
「こんにちは。」
やはり最初はこの前会った時と同じ、イヤイヤ来たような感じだ。ただ、前に金を渡したとき、言い値より2万円上積みしたのが良かったのか、交渉はスムーズだった。
ソファに座らせて、最近はまっていることとか、昨日の夜は何をしていたとか、土日は何をして過ごしているとか、たわいもない話をする。もうこの時点でカメラは回っているからか、表情はまだ固く、話のやりとりもぶっきらぼうで続かない。ただ、トレーニングの話になると乗ってきたのか、聞いてもいないことまで勝手にしゃべり出す。それはそれで専門的な話になりすぎて使えそうもない。ゴーグルを渡しつけてもらいながら、
「胸、前よりも厚くなった?」
「はい。」
「ちょっと脱いで見せて。」
というと、おもむろに着ていたTシャツを自分でさっとためらいもなく脱いだ。正直、前とどの辺が変わったのか分からないが、既に胸の谷間がうっすら汗ばんでいて、胸の筋肉をちょっとひくつかせている。
「すごいね、胸」
思わず触ってしまった。どっちかというと恒行のペースになっていた。筋肉の上に皮膚がうっすらと乗っているというのが正しい表現かもしれない。一見柔らかそうに見えるけれど、ちょっと触れただけでもうすぐ下が筋肉だ。かなり根気よく鍛え上げられた大胸筋とその下にくっきりと割れた腹筋の間には明らかな断絶があり、その境界は歴然としていて、指2本分はあろうかという厚みを誇っている。三上の喉仏は唾をごくりと飲んだために振動し、息遣いが荒くなってきた。撮影でなければ、こんなやり取りをスキップしてとっととねじ込んでいるところだ。その断崖の上に乗っている淡いピンク色の乳首をさっと触れると、もう敏感になっているのか、軽くカラダをビクつかせた。
「ちょっと腕を上げてみて。」
「こうっすか?」
と、腕を上げて手を頭の後ろに回す。腋毛は標準より若干薄めだが、剃っていなくてホッとした。髪はハードジェルできっかりと固めている。その辺が学生っぽくないなと思ったが、歯についたタバコのヤニとか、異常に鍛え上げられた筋肉をまじまじ見ると、制服系でもイケるかなとも思っていた。腋毛を触ってみると、見た目よりもゴワゴワして固かった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年06月17日

ゴーグルマン(8)

顔は、まあゴーグルをつけるとちょっとキリっとして見えるかな。どちらかというと不細工の方に入るので、ゴーグルつけると、もしかしてゴーグル取ったらイケメンなんじゃないかと見ている人に期待を持たせる役割もある。腕を上げてもなお腹筋がボコボコと浮き上がっている。個人的には腕を上げた状態の腹筋が一番好きだ。何か無抵抗な状態で腹を晒しているという、なにをされてもいいというような無防備な状態、そしてどこからでも来てもいいよという全て受け入れオールオーケーのような来るもの拒まずのスタンスが興奮させる。また、三上は必ずと言っていいほど腕を挙げさせて腋毛の程度をチェックする。基本的に体毛は好きではなかったが、腋毛に関していえばフェチともいえるほど執心していた。必ず触って臭いを嗅ぎ、そして鼻の頭でその毛の硬さをチェックした。腋毛というのは多くても少なくても良くない。普段は隠れているけれどもいざというときにこんもり黒々とした姿を表すからいいのだというのが持論だった。亘行の腋毛はその点では三上の嗜好に適っていた。太い腋毛が縮れてコンパクトに腋に収まっている。そして、程よい湿り気から若干仄かな香りが漂ってきた。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)

2018年06月20日

ゴーグルマン(9)

ふと見上げると、亘行はうっすら口を開けて快感に浸っていた。歯並びは悪く、前歯は2本欠けていた。前のデスマッチで折られたままなのか?キスを求めているんだと、三上は錯覚を起こし、その口に舌をねじ込んだ。それにしても、マグロだ。ノンケだから当たり前だけれど、一方的に受け入れている。ちょっとは舌を絡めるとか乗って来いよと思うが、ないものねだりと言うものだろう。舌を絡めながらも自然に手が分厚い胸に乗っかった薄皮の乳首にいってしまう。そして、指の先端部でそっと刺激すると同時に漏れる吐息が三上の口蓋を通じて同化する。まだ開発されて間もない乳首はほんの気持ちだけ突起があり、しかしそれも触れば消えてなくなってしまうような淡雪のようなものだった。普段の三上だったら前戯はもっぱらケツをほぐして拡張するための性具を使うのだが、今回もケツを使わないということを考えると、じっくり時間をかけてやらなければならない。本音はもちろん今すぐにでも突っ込んで奥まで貫いてしまいたいのだが、仕事だ仕事だと自分に言い聞かせるなど、その欲望を抑えるのにかなり神経を費やした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 07:30|PermalinkComments(0)

2018年06月23日

ゴーグルマン(10)

このゴツゴツとした腹筋。さすが体脂肪率8%。そんな体脂肪率にどうなったらなるのだろうか、同じ人間だけれど想像もつかない。筋肉の上にごく薄い皮が乗っているようで、無駄な脂肪とでもいうのか、脂肪らしきものは触感では見当たらない。撮影用に前と同じビキニパンツを履かせた。同じDVDで売ったとき、整合性をもたせるためだ。その脇からは陰毛がはみ出ている。腋と違ってやや薄い印象だ。その中のモノも既に硬直しているようだが、如何せん大きさが足りない。モザイクをかけるとはいっても大きい小さいはやはり関心の一番高いところである。例えばモノを扱いても、手を握っただけで隠れてしまうようなモノはどうしたらよいか。強めのモザイクを入れるわけにもいかないので、さっさとしゃぶって誤魔化すしかない。ましてノンケだから、タチは望めない。ウケだとモノが丸見えで隠し切れない。まあ、いいカラダって言うだけでパッケージにはモノは載せるわけじゃないから、売り上げにはあまり関係しないか。それにしても、この腹筋をなぞっても吐息を漏らしている。コイツ、結構全身性感帯なんだな?強がって声を出すのを我慢しているが、このカラダのビクつき具合と言い、吐息の頻度と言い、感度の良さは隠し切れない。現にノンケだと言いつつ、こんなにモノが硬直しているではないか。ビキニパンツの上からそのモノの形のとおりなぞってみると、吐息はさらに激しさを増した。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)

2018年06月24日

ゴーグルマン(11)

撫でまわした腹筋に思わず正拳突きをした。しかし、当然のことながら何の痛みも与えられず、それどころか自尊心を満たしたかのように薄ら笑いを浮かべている。左側の腹筋の方が若干右側よりも上部にあり、それぞれが大きさが異なる、不均衡な割れ方をしている。しかしそれがまた淫猥でもある。少し触れただけで敏感に感じるのか、腹筋が強く浮き出てまた元に戻る。腹筋をなで回すと「うううっ」と小さく呻き、その下にあるモノがピクリと反応した。乳首をそっと指で刺激しつつ、腹筋と腹筋の間に深く刻まれた谷間に舌を這わせると、カラダをひどくビクつかせて「あああっ」と声が大きくなっていった。中央部のヘソから上方向に舐めて、そして凹凸を確かめるかのように舌でなぞっていく。亘行は三上の肩に手を乗せて半ば俯き加減になり、時折カラダをビクつかせながら快楽に浸る。ただ、撮影なので俯いてしまっては固定カメラに写らないため、時折腕で修正を図るが、腹筋が亘行の性感帯らしく、声がどんどん高まっていき、ビキニパンツからはビクビクと蠢くモノが明確に見え、そしてその周囲にシミがジワジワと広がっていった。「すげえ。」三上はその滲み出てくるシミを見て、思わずつぶやいた。渾々と湧く泉のように、刻一刻とそのシミが広がりをみせている。三上はそのピチピチに肌に食い込んだビキニパンツに手を差し込んだ。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント