2019年11月

2019年11月30日

雑記帳(2019/11/30)

「熾天使アブディエル」を書き終えました。まあ、気ままに書いた「よくあるファミレスでのできごと」の方がアクセス数多かった。実際にはよくあるわけがないし、「栗の香りに囲まれて」の姉妹編みたいな感じなんだけど。次は「熾天使アブディエル」の方の姉妹編、「イスラエル王ダヴィデ」。あまりアクセスが期待できない・・かな。ま、懲りずに今はナチスドイツの空想小説を構想中です。話になるほど固まっていないんだけれど。そういや、「疑心暗鬼」という日本軍のこれも空想小説も結構書いたので、そのうちアップしたいと思います。もうちょっとなんだけれど、最後のところまで来て途中のストーリーをやっぱり変えようと思って手直しをしているので・・次はちょっと間が空くと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)雑記帳 

2019年11月29日

熾天使アブディエル(10)

アブディエルは苦悶していた。まさかあのサタンに。これもサタンが仕向けたことなのだろうか?液を何度も繰り返し天空に向かって勢いよく放出した後、ようやくそのモノは穏やかな日常を取り戻し、元の状態に徐々に戻っていった。その間、アブディエルは、サタンから取引を持ち掛けられていた。
「アブディエルよ、もしお前が地獄の長、サタンの子を望むのであれば、条件があるぞ。人間のことをお前は知っているだろう。あの、アダムとイヴの子は、楽園を追われたものの子孫を増やし、国を作るまでになった。しかし、神への挑戦をしたことで神の怒りを買い、ユダの国は滅ぼされてしまうのだ。イスラエル王にはダヴィデがなるであろう。アブディエルよ、人間界の勇敢な王であるダヴィデを唆して来い。神は信頼していたダヴィデにまで裏切られれば、さぞかし憔悴することだろう。さすれば、アブディエルよ、私はお前の子を喜んで産もう。お前の子であれば、さぞかし立派な子が生まれることだろう。」
「神に背く行為を私がすると思っているのか、馬鹿にするな、サタンよ。私は天使だ。そんなことをするくらいなら死を選ぶ。」
「死を選ぶだなどと、死が神の大権であることさえも忘れているようだな。私は要求しているわけではない、お前はしないという選択もできるのだからな、アブディエル。神と私と、どちらを取るのか、じっくり考えるとよいぞ。」
「考えることなど何もない、私の前からすぐに去れ、性根腐りきった悪魔、サタンよ。」
「ハハハ、去れと言われれば去るが、アブディエルよ、遠い昔、お前は私の忠実な部下であったことを私は忘れていないぞ。」
サタンはこう言うと、徐々にその姿が陽炎のようになって、闇の中に消えていった。ダヴィデ・・アブディエルの翼は、うっすらと青みを帯びていった。そして、邪な念は、遠くイスラエルに馳せ、そして青く渦巻いていた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月26日

熾天使アブディエル(9)

「嘘を言うな、サタン!!!」
「ほほう、アブディエルよ。私は確かに地獄の住人になってから嘘もつくが、これは嘘ではないぞ。自分の目でしっかりと見るがいい。」
怒張して天に歯向かうかのようにそそり立ったそのモノからは、光り輝く透明な液体が、次から次へと止めどもなく流れ落ちていった。あたかもそのモノを覆い尽くすように、踏み込んで言えばあらゆる摩擦力を削ぐ潤滑油のような役目であるかのように溢れていくのであった。
「アブディエルよ、これは私には説明ができかねるが、お前はどう解釈しているのか?」
「畏れ多くも神紛いな真似をするな、サタンよ。神以外に意味を与える者など存在しないのだ。」
「ほぉ、では私が解釈してやろう。ここまで堕ちるとはな、アブディエルよ。お前のこのイチモツはどうしてこんなにそそり立ったのだ?誰に欲情したというのだ?ハハハ、言ってやろう、この私にだ、アブディエルよ。」
「なんてことをいうのだ、サタン!!!」
「背信の輩よ、お前も地獄の色に染まっていくようだな。」
と、アブディエルの鋼のように固い胸にある、そこ一点だけが柔らかい突起物を軽く弾いた後、滝に打たれて砕かれた険しい岩のようにボコボコとそして規則正しく配列された腹筋の深く刻まれた溝を冷ややかな指先でそっとなぞった。
「くっ」
「おいおい、アブディエルよ。お前のイチモツが歓喜して左右に激しく揺れ動いているではないか。これを何と表現すればよいのか?あの誰よりも敬虔で、武勇に優れたアブディエルの今の有り様を神が見たら卒倒するのではなかろうか。」
「私が崇拝しているのは神、ただそれのみだ。」
サタンは、アブディエルを見つめながら、そっとずっしりと重みのある二つの玉を握った。
「すごい重さだな。これではお前の子でこの地獄は溢れかえってしまうぞ。そんなにも俺の子が欲しいか?」
という言葉と同時に、天空を突き上げんばかりにいきり立ったモノからビュッという鋭い音と共に大量に純白な液が放出された。それはかなりの高さまで飛んでいき、サタンを、そしてアブディエル自身の頭上を濡らし、辺り一面に粘着質の液溜まりを作った。アブディエルは、脱力感から全身をガクガク痙攣させて、息も絶え絶えになっていた。
「私は嬉しいぞ、アブディエル。まさかサタンの子を欲しがるとはな。門番とは「死」を儲けたが、果たして私が母親となったら何が生まれるのか、楽しみだな、ハハハ。」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月24日

熾天使アブディエル(8)

ドオーン、ドオーンと、遠くから衝撃波のような音にならない音が近づいてきた。普段は顔を出さない門番と「死」が出てくると、朧気ながら黒い影がユラユラと蜃気楼のように現れ始めた。サタンか。まだ姿を見せないうちからこちらに近づいているのが気配で分かる。
「ハハハ、アブディエルよ、様になっているじゃないか。」
サタンはカラダもすっかり黒くなり、漆黒の闇によりも暗いのではないかと思われるほどだ。あんなに美しく羽毛に囲まれた翼は薄くマントのようになってしまっている。天国にいた頃は輝きを発していて眩いばかりであったのに、今では暗闇を引き込んで姿がまるで影を引き連れているかのように、少なくとも常人には見えなくなっている。しかしそれでいてそこからオーラのような妖しい揺らめきをもつ炎がカラダを取り巻いていて輝いても見える。それでいて、目は地獄の業火のように、メラメラと燃え滾って爛々とこちらを見つめている。
「堕ちたものだな、サタンよ。昔のお前とはえらい違いだ。」
「お前は変わらないな、アブディエルよ。」
と、重戦車のような固くて厚い筋肉に覆われた胸を揉みつつ、サタンは蛇のように細く赤く尖り、先が二つに割れた舌で、その厚い胸の下方にある敏感な部分をチロチロっと舐めた。すると、普段は重力に逆らうことなく垂れ下がった太くて長いモノが、徐々にその活力を漲らせ、そして自らがかつて過ごした天空を指し示した。
「くくく、アブディエルよ、お前もあの堕落した人間と同じく、恥と言うものを知ったようだな。」
アブディエルが恥ずかしさのあまり、大理石のように純白なカラダが、まるで乙女のように熟したリンゴのような赤みを帯びていく様子をまざまざと観察していた。天使は元々恥じらいだけでなく、恨みや妬みなどといったものを知らない。これを「知っている」のは堕天使の証であることを、サタンに指摘されたのだから、アブディエルは歯ぎしりをしてその屈辱的な言葉を聞いた。
「お前だ、サタン、この私にそのような忌まわしいことを吹き込んだのは。サタンがあのような騒ぎを起こさずにいれば、私もこのような運命を辿ることはなかったのだ。」
「フフフ、よくしゃべるな、アブディエルよ。お前の恥じらいの部分をよく見よ、たかだかあれだけの刺激であんなに液が滴っているではないか。」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月21日

熾天使アブディエル(7)

「くぅぅぅ、この私が・・。」
アブディエルは神に背いて地獄に堕ちてきたのではない。なので、神罰である地獄の苦しみ、串刺しにされたまま放置されたり、マグマでカラダを焼かれたり、極寒に晒されたり、飢えや渇きに苦しんだりといった数多の地獄絵図を経験していない。これは神罰ではなく、サタンによる罰なのである。そして、サタンは天使はもちろんのこと堕天使にもない、特別なものをアブディエルに与えた。これこそが急所である。あらゆる痛覚をこの股間からぶら下がる、何からも守られず、また鍛えることさえもできず、なのにそこを狙われれば一たまりもないという急所を作ったのであった。数ある天使の中でも鋼のような筋肉を誇るこのアブディエルでさえも、痛覚を一転に集めた急所を狙われたら動くこともままならない、これがサタンの生み出した罰である。そして悪鬼はちょうど程よい高さにあるそのモノを、殺伐とした地獄の中でいいおもちゃにしているのであった。
「があぁぁぁ。」
ズンとまた下部から上に突き上げるような痛みが走った。悪鬼が順番に玉をめがけて頭突きを喰らわせているのだ。言ってみれば、棘のついた鉄の塊で玉を打たれているようなものだ。悪鬼はキャッキャ言って指さし合ったり自分だと主張したりして、小競り合いを始めた。どっちがダメージを与えたのか競っていたのだろう。その間に、他の悪鬼がフランクフルトのように長く若干湾曲したモノにガブッと齧りついた。
「あぁぁぁ・・。」
しかし、見た目とは異なり、天使のモノは硬く筋張っていて噛み切ることはできず、粗末な鉱物でできた悪鬼の歯がボロボロに砕けてしまった。またも悪鬼の集団は門番のところに戻っていった。その間に玉に突き刺さった棘は抜け、そしてモノについた歯型もジュウジュウと出てくる細かな泡によって元通りになった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月19日

熾天使アブディエル(6)

アブディエルの大理石のように輝かしいそのモノも、おぞましい焼け跡からブクブクと気泡が生じて、傷跡さえも残らずにまた元のようなふてぶてしさに戻っていった。知ってのとおり、神は傷ついてもその聖的な力が作用することによって治癒してしまう。もちろんしばらくはズキズキとした鈍痛のような痛みは残るが、祝福された天使は驚異的な治癒力を持っているのである。しかし、そのことは地獄では徒になる。地獄と言うのは未来永劫苦しみが絶えず、光もなく夢も希望も何もない、あったとしても無に帰してしまうような場所であった。また、天使は死ぬことはない。死なないのだ。言い換えれば死の苦しみを味わおうと死ねないのだ。無に帰することが天使のいう死なのであろうが、それは神にしか行使できない大権なのである。手の再生した悪鬼がまたこちらにやってきた。そして、今度はしゃがみこんで跳ね上がったと思うと角の生えた頭でそのユラユラ揺れている股間へと頭突きを喰らわせた。
「かはぁぁぁ。」
鋭利な鉄の棒を突きさされたときはこんな感覚なのだろうか、ズキンと言う鋭利な痛みが玉を通じて瞬時にカラダの中を駆け巡り、脳天へ衝撃波のように抜けていった。。悪鬼が重く垂れさがっている棒を持ちあがて見ると、悪鬼の頭に生えていた黒くて小さな棘が複数、白く艶やかな玉に刺さりこんでいた。悪鬼はギャッギャと笑い転げてた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月17日

熾天使アブディエル(5)

「ぎゃぁぁぁ!!!」
見ると、さっきの悪鬼がまた玉をその錆びた鉄のような手で鷲掴みにして潰しにかかっている。
「あぁぁぁぁ!!!」
アブディエルは身を捩って悶えるが、全く力を緩めることはなく、ギリギリと潰しにかかっている。輝くばかりに美しく逞しいカラダをした天使が、身悶えして身を捩る姿に悪鬼たちは乾いた声を上げて笑っていた。しかし、アブディエルの玉は悪鬼の握力ではものともせず、やがて悪鬼の指先がボロボロと折れていくのであった。次の悪鬼は燃え滾った池の中から錆びた金属の棒を持ってきた。それを躊躇せずにその眼前にふてぶてしく挑戦的に垂れ下がったモノへと押し当てた。
「ぎゃぁぁぁ!!!」
と叫ぶ声に、またも悪鬼たちは喝采した。棒はメリメリとその透き通るように美しいモノにめり込んで、棒状の火傷跡を作っていった。他の悪鬼もそれを真似して棒を次々にマグマの噴出で真っ赤になってぶくぶくと泡立っている池につけて、アブディエルのモノを苛んだ。圧倒的な存在感を示してきた神々しいばかりに輝いていたモノは、無残にも赤く腫れあがり、皮もめくれ上がってしまっていた。しかし、悪鬼たちの方も無償ではすまず、手は焼け爛れてボロボロになっていた。先ほどアブディエルの玉を握って負傷した悪鬼は、母である門番の元に戻り、門番の臓物にムシャムシャとかぶりついていた。すると手がまた再生してきた。門番は蛇のような足では到底逃れることはできず、悪鬼のされるがままになっていた。そして後から次々と悪鬼がやってきて、門番の臓物を食いちぎっていった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月15日

熾天使アブディエル(4)

地獄の門は複数の鍵によって厳重に管理され、上半身は人の姿をしているが、下半身がとぐろを巻いて蛇のような姿をした門番と、その子、サタンの子でもある「死」がそこを管理していた。入口の前には、その門番から生まれた、「死」の弟にあたる悪鬼数匹が飛び回って遊んでいた。そして、その横にある、そう簡単には崩れなそうな、垂直に立つ鉄よりも重い重金属でできた岩にアブディエルはなす術もなく括りつけられているのである。地獄には草木は一本も生えておらず、灼熱か或いは極寒の荒野がただ広がるだけで、身もよだつような生き物が辺りを這いずり回り、そして飛び交って、苛まれたカラダの傷口に卵を産み落とし、腐臭にまみれながらもその傷口を食い千切ってまた新たな餌を探しに這いずり飛び回る。時折漂う腐敗臭と阿鼻叫喚がむっとするような風に乗って聞こえてくる。アブディエルも当初は天国におられる神がそのうち天使の軍団を使わして救い出し、きっと我が身を天国へと導いてくれる日が訪れるに違いない、そう思っていたが、ここ地獄ではそうした希望と言うものは虚しいものだと分かり、そのうち絶望へと変わるのにさほど時間はかからなかった。神は自分に試練を与えているのかもしれないと思うときもあったが、次第に自分は神に見捨てられたのではないかと思うようになった。そもそもサタン配下の天使が天国に来たところで、スパイかもしれないし、いつ寝返るかは分かったものではない。天国に行ったところで、地獄の門の見張り番をさせられるのがオチだ。そしてさらわれて、ここにいるのだろう、結果同じことだ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月13日

熾天使アブディエル(3)

アブディエルがこうなったのも無理はないことであった。サタン、いや、天国にいた頃はルシファーと言う名で呼ばれていたのだが、神の服従を拒み、自ら天使の3分の1を引き連れて神に反逆することを選んだとき、アブディエルはサタンに向かって一人、気炎を吐いたのであった。
「ルシファーよ、お前は神に背くというのか。お前が神から与えられてきた恩恵を忘れたというのか。恩知らずが。神は偉大なり。お前ごときが束になってかかろうとも負けるわけがない。神の前ではお前は虫けらも同然だ。お前は神によって造られた創造物の一つにすぎず、神は全てをお見通しだ。おそらく神にかかってはなす術もなく奈落の底に落ちていくことは必定、そんなお前の独善的発想に到底ついていけない。俺はお前の指図は受けない。俺は俺の道を行くのだ。」
「お前というのは誰に対してものを言っているのか、アブディエルよ。そもそもお前がそのような誤った判断をするとは考えにも及ばなかった。神はこのような欠陥品をも作ったと言うことがこれで明らかとなった。皆の者、よく聞け。神はそのような誤謬を犯す存在なのだと言うことを。神に隷属し、毎日を安穏と惰性で過ごしている輩に、この鍛え抜かれて意気軒昂とした我々が負けると言うことがあるだろうか。勝利は近い。どうだ、皆の者、呪われたアブディエルに賛同する者は名乗り出るがいい。傲慢不遜な神の所業に未来永劫付き従うという者は立ち上がるが良い。」
そのような勇気のある者は誰もいなかった。アブディエルは神の軍隊へ合流するためにこの場を立ち去ろうとしたが、周りには憤怒に燃えた天使が取り囲み、声に出すのも憚る呪文によって拘束された。そして、神に完膚なきまでに叩きのめされて奈落の底に落ちていく際、アブディエルも道連れにされたのであった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月11日

熾天使アブディエル(2)

アブディエルは切り立った岩壁に張り付けられ、サタンによる邪悪な呪文によって幾十にも目には見えない鎖で手首と首を縛り付けられていた。空を飛ぶための大きな翼が人間で言う肩甲骨あたりにつき、それを白くて大きな羽が幾層にも重なって覆っている。胸板はこれでもかというくらい厚く、そして鋼鉄のように硬く厚い筋肉で覆われて、その表面をうっすらと黄金の毛が覆っている。神の子であるアブディエルは、言われなければ神かと見紛うくらい美しく、そして気品がある出で立ちをしている。無駄な贅肉など一切ないその腹は、8つのそれぞれのブロックに分かれ、それぞれがそれぞれとその硬さを競い合うかのようだった。カラダの中央を通る胸の割れ目から臍を通じて下に伸びた黄金の毛が、その下の神々しく揺れるモノへと誘った。そのモノと言えば、高貴な出で立ちにふさわしく、輝くばかりにその大きさをこれでもかというくらい主張して、引力に逆らうことなく垂れ下がっていた。また、その奥に、隠そうとしても隠しきれるものではない大きさの、収穫間近のたわわに実った果実を彷彿させるような堂々とした玉が二つ、きっと赤ん坊だったらすぐに眠りに着くのではないかと思われるくらいにいかにも柔らかそうな袋に入れられて、心持ちユラユラと揺れていた。強靱な腿といい、そして足のつま先まで何の欠点もなく作られた偉大で唯一絶対である神の創造物は、こうして今、地獄の門から程ないところで責め苦を受けているのであった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント