2018年05月

2018年05月16日

ゴーグルマン(6)

「どうだった、男の味は?」
三上はこんなやり取りをもう何百回となく繰り返しているから、社交辞令のようなものだった。けれど、亘行には魂を抜かれたかのようにボーっとなるほど新鮮で、かつてない快楽であった。
「良かったです。またヤリたい。」
口からそんな言葉が自然と出た。
三上は、撮った画像を編集する前に、仲間と一緒に酒を飲みながら見た。大体、撮ってきたものをワイワイ批評し合って、その中で意見をもらいながら、編集や売り方、次の作品を考えている。前に、これは自信があるからって自分で編集した後に見せたことがあったんだけれど、このアングルじゃ興奮しないとか、設定が不自然だとか、誰目線で作っているのかと酷評で、結局メインでいけなかったという前例があるんで、それ以後は必ずこの回を設けている。仲間内で何が分かるんだと素人は言うかもしれないが、売れる売れないはこの業界の人が一番よく知っている。ある意味公平な視点を持っているともいえる。自分よがりな作品を作っても仕方がない。ビジネスで考えないと。
「いいね、この子。どこから見つけてきたの?」
一応出だしは好評価だ。
「ノンケか。でも、潜在的な力がまだまだあるね。伸びるよ。」
「カメラ固定か。一人で撮ったの?ハンディと併用してもいいんじゃない?」
「カラダがエロいね。腹筋の不均衡さがアスリートって感じ。ビー部?どこ大?」
「ジムもやってんじゃない?じゃないとあんな大胸筋にならないよ。」
「この子、タマが腫れてない?不自然だよ。」
さすがにプロには分かるらしい。タトゥやピアスはもとより、健康でないもの、例えば吹き出物とか擦り傷程度ならいいが、内出血とかイボ、湿疹なんかは疵物扱いになる。見ている方が萎えてしまうからだ。
「何、撮影なしで玉責めしちゃったの?最初はノーマルからいって、もっと引っ張った方が良くない?」
グイグイ訊いてくるので、こちらも答えざるを得ない。
「なるほどね。じゃ、エロレスもできるし、SMもイケそうだから、結構いけるんじゃないかしら?」
結局、次回はもう一人カメラマンを入れて撮ることに決まった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅡ 

2018年05月13日

ゴーグルマン(5)

小さなビキニにくっきりと自分のモノが浮き上がっているのが分かった。それをずっと形を確かめるかのようになぞっている。そして、ハッと気づいたことがあった。三上は大きなサングラスをしている。俺はゴーグルをこんなのがあると見たっきりでかけていない。そんな心配を余所に、ビキニは少しずらされて、モノが露わになった。それを三上はしゃぶり始める。溜まっていたからか、また三上のそのテクニックが優れているからか、こんなことは味わったことがないくらい気持ちがいいものだった。快楽が全身を駆け巡った。少なくとも女の比ではない。しゃぶられるという行為が単にセックスの前の儀式程度に思っていたので、すぐに絶頂を迎えそうになった。
「ダメです、やばい。」
三上はしゃぶるのを止めて、その大きく盛り上がった胸の先端にある乳首をベロベロと音を立てて舐め始めた。さっきの快楽の再来だ。乳首がこんなにも感じるとは自分でも思ってもみなかったし、モノもそれに引きずられてビクビクと跳ねるように波打っている。それを弄ぶように、三上は手で掴んでは腹へと打ち付けている。濡れているからかバチン、バチンと腹へと打ちつける音がする。そしてキスをする。男同士のキスなんて、体育会の罰ゲーム以来だ。若干ウィスキーの臭いがして、あまりいい気分ではなかったが、三上は構わず下唇を噛み、舌を入れてくる。男でもキスってするんだなっていうのと、やっぱそこは男は男なんだなって思った。そして、指で急にケツの穴に入れようとしてきたので、驚いてさすがに止めた。指を突っ込むなんて、さすがにそこまではいくらなんでも無理だった。
すると、手でモノをガシガシとしごき始めた。手がガサガサしていて、何とも雑な感じだったけれど、人からやられるのって新鮮で、刺激的だった。「やばい、やばいです。」亘行は手で抑えようとしたが、却ってスピードが速くなり、自分でもびっくりするくらいな勢いで噴射してしまった。普段、自分のカラダの上に飛ばしたりしないから、こんな首とか胸の辺りを汚すとか思ってもいなかった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅡ 

2018年05月12日

ゴーグルマン(4)

「川辺に行こうか。遠目で後ろから放尿シーンを撮るから。」
橋の下あたりに移り、久方ぶりに立ちションをした。
「OK。撮れたよ。見てみる?」
見せてもらったが、後ろ姿だったこともあって特段平気な感じだった。
「じゃ、車に戻ろうか。」
戻ると、後部座席がフラットになっていた。
「ちょっと上がってもらっていい?またちょっとインタビューに入るから。」
「ああ、上は脱いでもらっても大丈夫?」
「いいね、ちょっと腹筋から胸にかけて舐めるように撮るから、うん、腹筋に力入れて。そうそう。」
「ちょっと写真も撮るからそのままそのまま。」
「胸の筋肉もちょっと動かせる?すごいね。両方イケる?」
乳首の辺りをちょっと触る。そして、大胸筋を撮りながら手で撫でるように触り、そして軽く揉んだ。
「じゃ、ちょっと横向きに寝てくれる?そうそう。」
「じゃ、またさっきの体勢に戻って、ズボンも脱ごうか。」
トランクス一丁になった。
「うーん、ちょっとこれに履き替えてもらえる?」
暗い赤色のビキニを渡された。ストライプのトランクスを脱ぎ、それに履き替えようとしたが、どうも状態が違う。ケツの辺りがひも状になっている。
「大きいね。言われない?」
「言われます。」
正直どちらかというと小さい方だということは自分でも承知していたが、行きがかり上そう答えた。履くと、レザーシートが直にケツに当たるので、ちょっと嫌な感じがした。それに、ビキニから陰毛がはみ出してしまって、早くも見られているという感じになった。
「ちょっとさ、チンチン揉んでみて。うん、そうそう。」
といって、機械的に自分のモノを揉んだ。しかし、別に何という感情も起きなかった。すると、三上はカメラを前の座席に固定させて、後ろ座席に乗り込んできた。そして、乳首をやや大仰に舐めだして、股間をどちらかというとやや粗雑に揉んできた。あまり胸を舐められたりしたことがなかったので、手の先足の先まで痺れるような感覚を覚え、つい吐息が漏れてしまった。男に、それも中年の男に乳首を舐められている。目をつぶった。自分が自分でなくなるような不思議な感覚。いつしか両方の胸を責められている。俺ってこんなに敏感なんだっていうくらい、受け身的な気持ちよさがカラダを包んだ。それは、揉み解されている股間部に顕著に表れた。
「固くなってきたね。」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅡ 

2018年05月09日

雑記帳(2018/05/09)

「ゴーグルマン」をアップし始めています。でも、アクセス数を見ると、「デリバリー」は相変わらずですけれど、「耐えてみろ!」もなかなかアクセスがあるみたいで。唯一の腹打ち小説なんでね。腹打ち小説ってなかなか難しいんだよね。金的と違って、狙う理由ってあんまりない・・(苦笑)。あと、「スプラッシュ」も唯一の強制オナニー小説(なんてジャンルを勝手に作ったけれど)だけど、これもアクセス数が多い。ま、俺が書きたいものとニーズがずれている感じが・・。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:53|PermalinkComments(0)雑記帳 

2018年05月06日

ゴーグルマン(3)

ちょっと摩るのはまだ早かったかな、と性急すぎた動きをちょっと後悔したが、数時間後に三上の携帯が鳴り、次週の水曜日の同じ時間に会うことになった。同じ喫茶店で待ち合わせることにした。
「こんにちは。」
「こんにちは。」
今日は先週と異なり、ちょっと肌寒いせいもあってか、ジーンズに長袖のジャケットを羽織って現れた。
「今日はちょっと撮影をするから。」
「・・自分、でも、そういうのは、何か・・」
撮影OKと言ったのに、ここまで来ておいて何ブーたれてんだ、乙女か、と内心イラついたが、
「撮影といってもね、外で服を着たまま、ちょっと運動してもらったり、インタビューをしたり、まあ、そんな構えなくても大丈夫だから。」
と、ワゴン車に乗り込んだ。5分間、無言で走る。河川敷の脇に車を停めた。
「ちょっとこれに着替えてくれるかな?」
薄手の青いランニングパンツにジャケットを渡す。
「ジャケットの下は着ないで。」
ジャケットは着古されていて、背面には「明治大学ラグビー部」と書いてあった。サイズはちょうどいい感じだったが、ドアを開けるとさすがに寒かった。河川敷の土手を上がると、目の前には江戸川が流れていて、その手前はグラウンドになっていた。
「じゃあ、撮影始めるよ。まず、向こうからダッシュしてきてくれる?」
「次に、腕立て伏せしてみようか。」
「スクワットいい?」
「ストレッチシーンを撮るから、座ってくれる?」
次々に指示をされ、そのとおりにこなした。
「いいよ、いいよ。舌を出して頭をかいてみて。」
「腕を上に上げて、肩のストレッチしようか。」
「ラグビーボール持って、ニコって笑って。」
「いいね、じゃ、親指を立ててグッドって言ってみようか。」
そんなこんなで2時間くらいが経った。
「ちょっとさ、そのジャケットをまくって見せて、そうそう、腹筋をチラッと。」
「このスポーツドリンク飲んでみようか。いいね。もっと、そう、全部飲んで。」
「土手に座って、太陽の方を見てくれる?そうそう、眩しそうにして。」
「この土手駆け上がったりしてみようか。」
「じゃ、土手にまた座ってくれる?ちょっとインタビューシーンを撮るから。」
「全部ゲイビデオなんですか?」
「そうだよ、もちろん。何だと思ったの?」
「いや、なんかおもしろいっすね。」
インタビューと言っても、サークルのことや合宿のこと、彼女のこととかたわいのないことで、それでも20分くらいはしゃべった。
「トイレは大丈夫?」


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅡ 

2018年05月04日

ゴーグルマン(2)

アイスコーヒーが二つ運ばれてきたが、三上はあっという間に飲み干した。その肉体の持主である亘行は、とある格闘会場でスカウトした。こんな賭けで行われるような試合に出る輩は、中には格闘マニアもいるが、だいたいが何かしら金銭関係で悩みを抱えているケースが殆どだ。三上が声をかけて連絡先を渡すと、金に困っているのかすぐに電話がかかってきた。
「ちょっと触ってみていい?」
ふくらはぎと言い内腿と言い、どうしたらこんなに筋肉がつくのかっていうくらい筋肉の塊がついている。テーブルの下から内腿をなぞってハーフパンツの中身の方へ手を這わす。
「自分の中では、どの部分が一番自慢できるところ?」
「肩から背中にかけてです。」
確かに逆三角形のカラダで肩が盛り上がって見える。
「普段は女の子と?」
「はい。」
当然と言えば当然か。
「すごいって言われない?」
「言われます。」
若干笑みがこぼれた。会話は緊張をほぐすことが目的で、ましてや男と関係を持ったことがないノンケはそもそも警戒心が強く、ふとしたことでこの話はなかったことにとなりかねない。徐々に徐々に慣らしていくことが大切だ。
「男同士で、扱きあったりはしないの?」
「比べあったりはしたことあります。」
「どう?こういうの。」
内腿をそっと撫でるように触る。
「・・・。」
俯いた。どうもこうもないか。でも、前の試合で、相手に金的を責められたときの様子が目に浮かぶ。耳をつんざくような悲鳴をあげて、リングをのたうち回っていた。モノ自体は小さかったけれど、これは絵になる、とそのとき直感した。
「ま、知り合いにバレることを心配しているんだったら、問題ないよ。」
と、水泳のゴーグルと大き目のサングラスを取り出した。
「こんな感じで目隠しをして撮るし、そんなに緊張しなくていいんだ。何部だったっけ?サークルは?」
「ワンダーフォーゲルです。」
期待していた体育会系サークル名ではなかった。
「え、それでそんな太い足に?」
「ジムで鍛えてます。」
(できれば学生っていう体で出したいから、ラグビー部あたりにしておくか。)
三上は摩りながら今後の戦略を考えていた。
「自分のカラダで自信のあるところはどこ?」
「腕です。」
と、恥ずかしげに消えるような声で上腕二頭筋の辺りをさすっている。
「来週の昼で空いている時間ある?」
数秒間が空いて、やはり消え入るような声で答えた。
「・・。後で電話してもいいですか?」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅠ 

2018年05月01日

ゴーグルマン(1)

昼2時半、駅から数分離れたところにある、あまり人気のない喫茶店で待ち合わせた。
「こんにちは。はじめまして。」
「こんにちは。」
三上が先に着き、ソファで待っていた。
亘行は、青いハーフパンツに横にストライプの入ったポロシャツを着て現れた。シャツの前ボタンを開け、胸の筋肉の谷間がくっきり見え、そして厚い胸を浮き彫りにしている。腕の辺りははち切れそうだ。
「・・エロいね。モテるでしょ?」
「いえ、トレばっかしてるんで。」
なかなかの好青年だ。芋系ではあるけれど、笑顔がかわいい。
「体脂肪率何%?」
「今は8%くらいです。」
「腕の筋肉、すごいね。」
Tシャツから張り詰めた腕を上げ、上腕二頭筋を見せつける。腋からうっすら汗が滲み出て、Tシャツの色を変えている。
「足もすごいよね。ちょっと見せて?」
ハーフパンツから異様に膨れ上がった内腿を見せる。思わず生唾を飲み込んだ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00|PermalinkComments(0)ゴーグルマンⅠ 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント