2019年12月15日

イスラエル王ダヴィデ(8)

「がぁぁぁあ!!!」
内臓の奥深くから絞り出されるような雄叫びが広場を揺るがせた。これはダヴィデも未だかつて経験したことのない、死にも勝るような痛みであった。腰巻きから大部分がはみ出したそのモノは、どうしたってその鋭い攻撃から逃げおおせるはずがなかった。そして、それから三日三晩、ゴリアテの息子は憎しみを込めて、ありったけの力でダヴィデの下腹部だけを狙って蹴り続けた。その度に、人間の声とは思えない咆吼がバビロンの街の隅々まで響き渡った。カラダに響き渡る重低音のような痛みに耐え、ようやく収まってきたかと思われる頃に、ゴリアテの息子はまたも渾身の力を込めて下腹部を痛打した。ひたすらその繰り返しだった。アブディエルによって畏怖すべき程に巨大化した下腹部は、痛みもそれに比例して筆舌尽くしがたいほど壮絶なものであった。時には二つの大きな玉は勢いよく上方に跳ね上がって剛毛に覆われた臍の上辺りまで達し、棍棒のように不敵にぶら下がるモノも思いっきり跳ね上げられ、その衝撃で、バチンという激しい音と共にタマと一緒に汗まみれの引き締まった腹に叩きつけられた。また、時には玉が二つして足の甲と股との間に見事に挟まれてゴム毬の如く扁平に変形して潰された。折角アブディエルから賜ったモノがかようにしてまで苛まれるとは。ダヴィデは涙を流し、後生だから止めてくれるよう惨めに懇願したり、また王であることを忘れたかのように泣き叫んだりもした。前王が下腹部を蹴り上げられるという屈辱よりも今ここにある尋常でない痛みがそうさせたのである。しかし、ゴリアテの息子は父親の惨めな最後を聞いて育ったので、醜態を晒して許しを請うダヴィデの願いを聞き届けるどころか、決して下腹部を蹴り続けるのを止めようとはしなかった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント