2019年12月01日

イスラエル王ダヴィデ(1)

ダヴィデは幼くして兵士としての教育を受けた。ダヴィデは眉目秀麗であったが、剣術はあまり得意ではなかったために戦いに際しては後方から食料を前線に補給する役目を担わされていた。カラダの弱いダヴィデはその役目でさえもなかなか果たすのが難しいと思われていたが、しかし、ダヴィデはその美しさ故に神の祝福を受けて、災禍に見舞われることなくその役目を果たしていたのであった。また、成長するにつれていつしか身も心も戦士にふさわしいものになっていった。これも神のご加護を受けていたからであり、背はいつしか他の戦士たちよりも高くなり、肩幅も誰よりも広く、そして生えるべきところには黄金色の毛が生えて、しかし生えずともよいところには全く生えずにその純白な肌を晒していた。誰よりも重い物を持ち、そして率先して作業を引き受けるという献身的な姿勢が皆から好感を持たれ、いつしか人望はダヴィデに集まるようになった。兵士のような鎧をつけていないが、その胸は厚い筋肉に覆われて刀さえも跳ね返しそうなほど硬く、そして腹はと言うと無駄な肉など少しばかりもなく、石をノミで粗く刻んだかのようないかにも肉体労働で培った野性的な筋肉で覆われ、やはりどんな槍でも貫くこともできなそうな硬さなのであった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント