2019年08月29日

デリバリーC(4)

「何?」
「俺が何も知らないとでも思ってんすか?」
「何がだ?」
「随分といいことしているみたいじゃないですか。」
「・・・。」
「知ってるんすよ、俺。仕事終わってどこで何をしているか。」
耕太郎は心当たりはもちろんあるものも、それを淳平が知っているはずがなかった。
「これ、何だか分かります?」
とスマホを近づけて、画像をいくつか見せられた。画像は遠く不鮮明で、素人目には判別が難しいものであり、違うと言えばしらを突き通すこともできそうだが、次にスマホから流れてきた男同士の荒い息づかいと、ときどき漏れる淫靡な声は決定的だった。当事者の耕太郎にはそのときの情景がまざまざと蘇ってきた。おそらくは望遠鏡か何かでそこで夜な夜な行われた行為を全て見ていたのだろうし、盗聴器か何かが耕太郎に仕掛けられていて、何が行われているかが容易に分かる状態だったのだろう。夜景のキレイな高層階で誰も見ていないだろうという油断が大胆にさせ、それが一部始終見られていたのだった。
「すっげえ淫乱。すっげ。俺にも見せてくださいよ。」
と、汗ばんだシャツをめくると、バキバキに不揃いに割れた腹筋が目の前に現れた。
「すっげ、何この腹筋。やべえ。」
と指でなぞるように腹筋のブロック一つ一つをなぞる。
「おい、何するつもりだ?」
「決まってんじゃないっすか、このシチュエーション、じっくり楽しませてもらいますよ。」
と一気にシャツをめくり、頭から脱がせた。腋から汗が滴り落ちてきて、蒸せかえるような薫りが漂ってきた。ロッカーで着替えるときに、同僚のカラダを見る機会はあるが、宅配便の仕事をしているからと言って皆が皆、鋼のようなカラダをしているわけではない。栄養が足りていないのかガリガリに痩せている者、偏った食生活が祟って大きく腹の出た者など、いいカラダをしている者はそういない。そして、不摂生は特に口腔衛生に顕著で、歯が欠けたまま、そして全部の歯が虫歯なんじゃないかと言うくらいボロボロだったり歯が数本しか残っていなかったり、タバコのヤニやコーヒー等で変色していたりと惨憺たるものだった。こんな耕太郎のようなカラダは自然にはできないのだ。この分厚い胸板、こんなカラダをしていたらさぞかしいつもいい思いをしているんだなと思うと、ひどい嫉妬心に刈られるのだった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30│Comments(0)デリバリーC 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント