2019年06月15日

一石二鳥のアルバイト(19)

「あがっ!」痛さが秒速で喉奥から脳天へと突き抜けていくようで、金玉が強く上方へ引っ張られて千切れるんじゃないかというような思いからカラダも一緒になって前のめりになった。「あぁ、あぁぁぁ。」中腰になって思わず声を出した。ズキン、ズキンと金玉にも心臓があるかのように、鼓動のように定期的に痛みが全身を駆け抜けていった。意識せずに涙が出てくるほど、痛烈な痛みが次から次へと襲ってきた。それを噛みしめるかのように、歯を食いしばって痛みに耐えていた。すると、高志が金玉をわしゃっと掴んだ。「ほうほう、なかなかいい大きさになったんじゃないか、え?」と言いながら、しゃがんでまじまじと見ていた。再三苛まれた金玉は、腫れて袋の中でパンパンになっていた。そして、その姿勢で手を頭の後ろで組むように言われると、またもキーンという鋭い痛みが走った。高志が金玉を爪弾きしたのだ。「おうおう、痛いか、意外と効くもんだろ、これ。」と、またも爪弾きする姿勢を見せたので、自然と腰を引いてしまった。「動くなよ、動くなよ。」と言われても動いてしまうものだ。どうしても腰を引いてしまう。袋の中の玉二つも、まるで意思があるかのように蠢いた。「おほ、おもしれえ、金玉って動くのな。オマエ、金玉動かせるのか?」と、間近で見る金玉を面白がっている。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント