2019年06月05日

一石二鳥のアルバイト(17)

「おい、なんだこりゃ?」いつもだったらビキニパンツを脱がせたり手で揉んだりしないのだが、あまりにもいい音がしたというのが徒になった。すぐに長方形状の柔らかいものを手触りで探り当て、100均の保冷剤を入れているのがバレてしまった。冷却効果、そしてクッション効果もあるし、そもそもいつ来るかさえ分からないので、最初から入れていたのであった。この前は冷却剤が漏れて、それがジェル状だったからかイッたものと勘違いされて、それで急所蹴りが終わったこともあった。「おい、ちょっと脱げ。」仕方なくビキニパンツを脱ぐと、保冷剤が3袋、そこからこぼれ落ちた。「なんだ、こりゃ、おい。」保冷剤を手にすると、高志は冷静に訊いた。「これ、持って来たのか?え?」何も答えずにいると、「こういうのは良くないな。今日は折角だから教育してやるか。ちょっと腕を後ろで組め。」すると、PP紐で金玉の根元の部分を縛り上げた。「おい、立て。いくつからだったか?」「三です。」「よっしゃ、はぃぃぃっ!」膝蹴りが股間へ食い込む。「ギャン!」ビックリするような痛さが脳天へと突き上げていき、腰を引いて後ろに後ずさった。根元を縛ったために金玉の逃げ場所がなく、そして何も守ることのない、剥き出しの股間を正確に膝がとらえたのであった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント