2018年09月24日

耐えてみろ!(21)

隣の部屋で怒鳴り声が聞こえてきた。あまりにもえらい剣幕でよく聞き取れなかったが、どうも先輩に頼まれていたものを忘れて、買ってこずに部屋に戻ったので怒られているらしい。咄嗟に、慎吾が隣の部屋を覗いて、「すみません、それ、俺が食堂の掃除頼んじゃったからなんです。すみません、俺が買ってきます。」と間に入った。第三者に割り込まれて、急にばつが悪くなったのか、「そっか、じゃあいいわ、急いでねーし。」と怒りの矛を収め、どこかに行ってしまった。「ありがとう。」と恭太が深々と頭を下げたので、「いいんだよ、ちょっと寝ようとしたらうるさくて眠れなかったからさ。」とちょっと照れた感じで隣の部屋に戻った。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30│Comments(0)耐えてみろ!Ⅶ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント