2018年08月08日

ゴーグルマン(15)

三上は、そのちょっと上ずったような呻き声を聞き逃さなかった。そして元の体勢に戻すと、ポーチから中くらいの透明なプラスチック容器を取り出し、それからトロッとした透明な液を手のひらに出した。亘行はローションを使ったことがなかったので、その一挙手一投足をジッと眺めていた。それをケツの割れ目にじっくり塗り、そして指を入れようとする感触が伝わってきた。抵抗はしなかった。拒否感情はもちろん頭の片隅にあるけれど、一方でケツに入れるってどういうことなのかということにも興味があった。前に白人と黒人がまぐわっている動画を見たことがある。携帯だったけれども、その白人のモノの大きさと言い、それを受けている黒人のケツといい、とても性行為というものには見えず、何ともアクロバティックというか、大道芸やサーカスでも見ているような感覚だった。第一、入れる側は全然平気だろうが、入れられる側の負担が半端ないだろう。カラダの中でどういうようなことになっているのか、腸や肛門が裂けたり破れたりしないのだろうか、絶対に気持ちいいなんてことがあるわけはない、もし気持ちいいっていう感覚が生まれたとしたらよっぽどのドMの変態だとそのときは思っていた。こんなのは訓練を積まなければできるわけがない、あんな高速でガンガン突っ込まれたら、消化器官が摩耗・損傷して肛門附近は痔になることが間違いなく、常時開きっぱなしになって使い物にならなくなるのではないか、そういう不安もあった。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:30│Comments(0)ゴーグルマンⅢ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント