2018年08月05日

ゴーグルマン(14)

そして、三上は亘行の足を掴むと自分の方に引き寄せた。亘行の玉の裏側とプリンと引き締まったケツが無防備に三上の前に突き出された。さすがに亘行はそんなポーズを取らされることが恥ずかしかった。自分のケツの穴を見られることがこんなにも恥ずかしいことだとは考えもしなかった。三上はしかし慣れた手つきでケツをマジマジと見つめていた。ケツの肉付きは意外と重要で、肉が付いていない痩せたケツは骨が直接ゴツゴツ当たって痛いし、またたいていのケツは肉はあっても柔らかく、痩せたケツほどではなくともやはり痛い。これくらいプリッとしたプリケツが望ましい。また、ケツの割れ目はうっすらと毛で覆われ、その中心部にはピンク色のつぼみのように窄まった肛門がはっきりと見えた。三上は肛門を見れば、大体何をどうすれば分かる。これは脈なしって感じのケツではない。割れ目から固く窄まった襞の部分にかけて、ゆっくりと舌でなぞった。汗で湿っていて、若干苦みがあった。亘行は「そこは、そこ、あっ。」と抵抗はしたけれど、舐められて嫌な感じではなかった。もちろんこんなところを舐められる経験など今まで皆無だったが、実はケツを撫でられるとこそばゆいと言うよりもむしろ気を抜いたら声を出しそうなくらい何とも言いようのない感じがしていた。ケツが無防備にさらけ出されて、しかもその奥深いところまで舌が捻るように入れられて、恥ずかしいことこの上なかったけれども、初めて体感したこの心地よさに微かに呻き声を漏らした。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:30│Comments(0)ゴーグルマンⅢ 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント