2018年06月20日

ゴーグルマン(9)

ふと見上げると、亘行はうっすら口を開けて快感に浸っていた。歯並びは悪く、前歯は2本欠けていた。前のデスマッチで折られたままなのか?キスを求めているんだと、三上は錯覚を起こし、その口に舌をねじ込んだ。それにしても、マグロだ。ノンケだから当たり前だけれど、一方的に受け入れている。ちょっとは舌を絡めるとか乗って来いよと思うが、ないものねだりと言うものだろう。舌を絡めながらも自然に手が分厚い胸に乗っかった薄皮の乳首にいってしまう。そして、指の先端部でそっと刺激すると同時に漏れる吐息が三上の口蓋を通じて同化する。まだ開発されて間もない乳首はほんの気持ちだけ突起があり、しかしそれも触れば消えてなくなってしまうような淡雪のようなものだった。普段の三上だったら前戯はもっぱらケツをほぐして拡張するための性具を使うのだが、今回もケツを使わないということを考えると、じっくり時間をかけてやらなければならない。本音はもちろん今すぐにでも突っ込んで奥まで貫いてしまいたいのだが、仕事だ仕事だと自分に言い聞かせるなど、その欲望を抑えるのにかなり神経を費やした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 07:30│Comments(0)ゴーグルマンⅢ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント