2018年05月13日

ゴーグルマン(5)

小さなビキニにくっきりと自分のモノが浮き上がっているのが分かった。それをずっと形を確かめるかのようになぞっている。そして、ハッと気づいたことがあった。三上は大きなサングラスをしている。俺はゴーグルをこんなのがあると見たっきりでかけていない。そんな心配を余所に、ビキニは少しずらされて、モノが露わになった。それを三上はしゃぶり始める。溜まっていたからか、また三上のそのテクニックが優れているからか、こんなことは味わったことがないくらい気持ちがいいものだった。快楽が全身を駆け巡った。少なくとも女の比ではない。しゃぶられるという行為が単にセックスの前の儀式程度に思っていたので、すぐに絶頂を迎えそうになった。
「ダメです、やばい。」
三上はしゃぶるのを止めて、その大きく盛り上がった胸の先端にある乳首をベロベロと音を立てて舐め始めた。さっきの快楽の再来だ。乳首がこんなにも感じるとは自分でも思ってもみなかったし、モノもそれに引きずられてビクビクと跳ねるように波打っている。それを弄ぶように、三上は手で掴んでは腹へと打ち付けている。濡れているからかバチン、バチンと腹へと打ちつける音がする。そしてキスをする。男同士のキスなんて、体育会の罰ゲーム以来だ。若干ウィスキーの臭いがして、あまりいい気分ではなかったが、三上は構わず下唇を噛み、舌を入れてくる。男でもキスってするんだなっていうのと、やっぱそこは男は男なんだなって思った。そして、指で急にケツの穴に入れようとしてきたので、驚いてさすがに止めた。指を突っ込むなんて、さすがにそこまではいくらなんでも無理だった。
すると、手でモノをガシガシとしごき始めた。手がガサガサしていて、何とも雑な感じだったけれど、人からやられるのって新鮮で、刺激的だった。「やばい、やばいです。」亘行は手で抑えようとしたが、却ってスピードが速くなり、自分でもびっくりするくらいな勢いで噴射してしまった。普段、自分のカラダの上に飛ばしたりしないから、こんな首とか胸の辺りを汚すとか思ってもいなかった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

toppoi01 at 08:00│Comments(0)ゴーグルマンⅡ 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント