2018年03月31日

終わりの見えないデスマッチB(14)

実来は健に相談してみた。すると、ナデートについていたシディークがその役を買って出た。シディークは見たところ虚弱体質であるかのように線が細く、風が吹けば倒れるんじゃないかと思われるくらいだった。健と比べれば明らかに力の差があり、実践の相手だと聞かされるとからかわれているのかとムッとした。きっと見くびられているんだ、俺がこいつを打ちのめして突き返してやれば、俺の実力が分かるだろうと思い、早速シディークと実戦を行った。打って来いと一丁前に言うので、軽くローキックを放ったら避けられた。あんまり強めに蹴って相手を怪我させちゃってもなと思って様子見で健に徹底的に教わったジャブを繰り出すが、全然当たらない。フットワークがかなり軽くて避けられてしまう。シディークはケタケタ笑っている。余裕なんだ。しかし、あまりに当たらないと練習にもならない。こういうのは実力差がはっきりしている相手だったら分かるが、明らかにシディークの方が体格的に劣っているし、それでいておちょくられている。実来は、分かった分かったと手振りで示して、近づいていって、細い二の腕を掴んだところにボディを食らわせた。本気で殴ったわけではないが、うずくまって倒れ込み、エビの字になって呻いていた。さすがにやり過ぎたなと思って近づくと、実来の肩に手を乗せて、立とうとしたところにボディを食らった。取るに足らない相手だと思っていたし、そもそも腹筋には自信があったのだが、結構鋭いボディで、平静を保っていたが実は結構効いていた。「なかなか強いね。」とシディークはまだ腹を押さえていたが、ニヤッと笑った。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント