2018年03月28日

終わりの見えないデスマッチB(13)

ジャナバルは腕が4本あり、指も6本それぞれ生えている。そのせいか、上半身の発育が尋常ではなく、おそらく実来の2倍はあるのではないかというくらいの肩幅で、胸ももの凄く厚く、肩幅もアンバランスに広かった。ただ、腕は上腕の方が太くて、普段はその上腕の方だけ使っていて下段の腕は垂れ下がったままだった。そのためか、下段の腕は2周りくらい細かった。ナデートは、ヒマラヤの雪男と言われても違和感がないくらい、ふさふさでやや硬めの黄金の毛に覆われていた。夏の間はその毛が薄くなって首や胸、内股の辺りは毛が全くなくなるが、その他の時期はその毛で皮膚が全く見えなかった。顔と尻は毛がなく、さっぱりとした顔つきをしていた。なので、ジャナバルと違って長袖シャツとジーンズをはいていれば気づかされないが、尻尾が足より長く、そしてその尻尾は手よりも自由自在に、そして素早く動かせるらしく、缶ジュースなどは尻尾を使って飲んでいるくらいだ。あと、口を開くと、糸切り歯が牙のように鋭く生えている。ひどい猫背で、聞くところによると四足で走った方が速いようだ。奇形と言われればそうなのだが、普段は実来に対してとても優しく接してくれ、普段から精悍で厳しい顔つきをしている健と異なり、いつもニコニコしていた。ジャナバルとナデートは、それぞれ別の専従の相手がいて、その人とトレーニングを積んでいたのだった。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント