「トレすんぞ。」「もうっすか?」弘一は着ていた服を全て脱ぎ捨てる。智哉もそれに倣った。正面で向かい合う。2週間ぶりに会ったが、智哉は日に日に成長している様子が分かる。腹筋なんか、前は高校にあがりたての初々しい、板チョコのような見た目もきれいな感じの腹筋をしていたが、今では洗濯板のようなエグイ彫りをみせている。その下に垂れ下がったモノも、最近はちょっと右に曲がって蛇のようなグロテスクな形をしてきた。予め、黒いマットが2枚敷いてあり、そこが自宅兼練習場だ。先に手を出したのは智哉だ。さっき蹴りを喰らった左脇腹を狙ってフックを喰らわした。嫌がってバランスを崩したところを両足で挟み込んで倒そうとする。しかし、弘一は智哉の方へと倒れ込み、肘をその鍛えこまれた腹筋にめり込ませた。思わず両手で腹をかばうが、そのときには既に智哉の玉は弘一に握られていた。「何だ、その腹筋は見せ掛けか?」玉から離して、また等距離を取った。ゆっくり呼吸を整えつつ、智哉は立ち上がる。今度は弘一がミドルキックを智哉に喰らわせるが、それをがっしりと捕まえる。しかし、弘一の拳がまたも智哉のみぞおちの下あたりに喰い込んだ。たまらず持っていた足を離して崩れ落ちる。鈍痛がカラダの中央部から広がるように苛む。「おい、これで終わりか?」足の裏で智哉の股間をいたぶる。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村