先に手を出したのは達彦からだった。自然と手が肩に行き、そっと抱き寄せた。耕太郎は抗わず、それに従った。
足と足が触れ合い、お互いの温もりが伝わってきた。一呼吸おいて、達彦は耕太郎の唇に自分の唇をそっと重ねた。耕太郎はそっと目をつぶった。軽い、触れ合うようなキスだった。
いったんは唇を離したが、今度は耕太郎からキスを求めてきた。半ば暴力的に奪われた唇から舌が入り込み、それから先は自然に任せ、互いの舌の先を交差させ、激しく絡ませた。
「うっ・・。」
達彦が湿った服の上から胸にそっと触れると、耕太郎は低くて野太い息を漏らして、カラダをビクつかせた。
服の上から確認できるほどくっきりと盛り上がった胸。見た目とは違って岩のように固く引き締まっている。その固さを確認するかのように、丹念に指先でなぞる。耕太郎の息は荒く、そして徐々に激しくなっていった。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村