仕事が終わり、帰りがけに買った缶ビールを開けようかと思った矢先にインターホンが鳴った。
「佐川急便です。お届け物に伺いました。」
ああ、再配達頼んでおいたやつか。すっかり忘れていた。
達彦は頭を掻きつつ、不在通知書を手に取った。何だ、21時までにって言ったのに、15分くらい過ぎてる。
まあ、いいや、お互い様だからなと、缶ビールを手に取った。窓からは飛行機が羽田空港へと着陸する様子、その向こうにはレインボーブリッジが見える。
新調仕立ての白いソファに座って、缶ビールを口に付けた。
部屋のチャイムが鳴る。
「お届け物のクール便です。」
ああ、通販で日本酒注文したんだったな。30そこそこの配達員、笑顔が爽やかだ。目が合った。
「今日はここが最後ですか?」
「はい、ここで終わりです。」
いかにも嬉しそうに、白い歯を出して笑う。思わず、
「よかったら、少しどうです?ビールくらい。」
つい、笑顔に惹かれて、口走ってしまった。自分でも言った後で、何言ってんだ、俺と思ったくらい。
「すみません。これから事務所帰らなくてはいけないんで、気持ちだけいただきます。」
うん、まあ、そうだよな。達彦はうつむきながら、自分に言い聞かせた。すると、
「これ、自分の連絡先です。後で良かったら連絡ください。失礼します。」
名刺を渡され、唖然とする達彦を背にして、彼は出て行った。

耕太郎は、車内で一人、若干顔を紅潮させて運転していた。
達彦の家に行くのはこれで4回目だった。また、耕太郎は達彦がゲイであることは知っていた。
9monで近いことが分かり、耕太郎は達彦にメッセージを送ったことがあった。
ただ、耕太郎が風景写真しか載せいていないのを訝ったのか、メッセージが返ってこないばかりかブロックされてしまった。
そこには、達彦のネクタイ姿の顔写真と、均整のとれた、彫刻のような肉体美が2枚掲載されていた。
鼓動の高鳴りが自分でも分かった。ハンドルをしっかり握りしめ、幾分加速して走った。

達彦はというと、この意味をまだ計りかねていた。おそらく相手は俺がゲイだということを知っている!?
ただ、なぜ分かったのだろうか?会った覚えもないし、と、この部屋を見回したが、特段ゲイっぽい要素も感じさせない、無機質な部屋だ。
解せないが、電話番号・・見ると、営業用の携帯番号ではないらしい番号が、名刺の裏に手書きで記載してあった。
恐る恐るかけてみた。缶ビールもすっかり泡がなくなって、当初の冷たさはなくなっていた。
「はい。」
「あの、先ほど酒を配達してもらった、・・。」
「ああ、電話ありがとうございます。」
部屋に入ってきた時の、あの営業の声と同じ、威勢のいい声が返ってきた。
「で、あの・・。」
「自分、もう営業所に帰りまして、これから時間、大丈夫です。」
「あ、あの・・。」
「これからじゃ迷惑ですか?」
畳み掛けるように耕太郎は言った。向こうからかかってきた電話、このチャンスをモノにしなければという焦りがそうさせた。
「これから、じゃ、これからで。」
達彦はただそれだけいうのが精一杯だった。
「じゃ、あと10分くらいで行けると思いますから。」
10分・・か。部屋をざっと見まわしてから、ベランダに出て、タバコを吸った。落ち着こうと思ったが、動悸は全く収まりそうもなかった。


人気ブログランキングへ