2015年08月15日

優先順位(1)

地下鉄の車内で、携帯が鳴った。妻からだ。
「夕食、どうしますか?」
帰りが不定なので、夕食の時間を確かめる意味で聞いてくる。だいたい夜7時くらいに定期的に来る。
「遅くなるから要らない。」
22時に子どもを寝せるので、帰宅がそれ以降になるときは外で済ますことにしている。そもそも、19時には夕食は大体できているので、ただそれが翌日の弁当に回るだけのことだが。
仕事かどうか、最近は聞いてこない。もちろん、聞かれれば仕事か飲みかと使い分けて答えるのだけれど、白々しい。俺がゲイだと、妻にはバレているから。
ここ半年ほど前から敬語を使われるようになった。子どもでつながっている仮面夫婦。子どもがいなければ、きっと家にも帰らないだろう。
車内が大分混みあってきた。この電車は新宿を通って郊外に抜けるので、新宿に近づくにつれてどんどん乗車してくる。
また、メールが来た。セフレからだ。
「今日、空いてる?」
昇平には、定期的に連絡を取ってセックスをする、セフレが3,4人いる。セフレと呼べなくても、言えばセックスできるようなのも含めれば両手に余るくらい。
セフレの中でも優先順位があって、一位の奴にはアパートを貸し与えている。従順で可愛い奴でね。今、メールがあったのはギリギリセフレって奴かな。一番メールがくるけれど、本当にただカラダだけって感じで、最近はちょっと飽きてきたかなって思っていて会っていない。
名前もどうせ行き当たりばったりで覚えてられないから、地名で呼んでいる。西荻窪ユルケツとか、石神井寸止めとか。携帯はそれで登録してある。さっきの奴は大森海岸サセコ。ま、周りに見られたくない名前だわな。

何でばれたかは、俺の帰りの遅いのを不審に思った妻が興信所に頼んだから。携帯とかパソコンを見られていたかもしれないし、そのうちばれるなとは思っていたけどさ。興信所って奴はすごいね。写真でしっかり男同士ラブホテル入るところと出るところ、日時までちゃんと入れて撮るんだから。
お袋から写真突きつけられて、もう返す言葉がなかった。泣いて、頼むから、後生だから二度としないって誓ってくれって言われた。お袋がね。妻からは何一つ言われていない。離婚どうこうより話もしない。汚いものでも見るかのように嫌悪の表情を浮かべて、ただ淡々と日常を送っている。
俺のことを変態かなんかだと思っているのかな?汚らわしいって目をしている。元々親の紹介で出会ったんで、見合いっていえばそんなんだし、愛情があったかっていえば、普通かなってくらいの愛情しかなかったし。ばれたらばれたで、その方が気が楽かも。

今日は西荻のユルケツとでもやるかな。メールを入れる。高円寺の奴にも聞いて、速くレスがあった方とするか。男って皆俺と同じで、貞操ってものがない。欠落している。まあ、入れるか入れられるかの違いはあるけどさ。
高円寺の奴からメールが来たので、新宿に引き返すことにした。あっちも妻子持ちだから、ラブホで待ち合わせ。向こうがよく使っているラブホはちょっと新宿駅から5分ほど歩いたところにある。おそらく大久保とかから歩いた方が近いのだろうが、教えられた道が新宿からだったので、忠実にその道を辿る。
そろそろ着くかなって頃に、メール。
「すみません。子どもが熱出しちゃったみたいなんで、またの機会にしましょう。」
子どもの熱の方が優先、か。使えねーな。家族の絆の強さ、セクフレのつながりの弱さというものを、改めて感じた。ただ、代わりはいくらでもいるから、と思うと、一抹の切なさもすぐに消え去った。


人気ブログランキングへ

toppoi01 at 06:17│Comments(0)優先順位 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント