2019年05月15日

デリバリーB(7)

「そうそう、この分銅みたいなのが気になるよな。何に使うんだ?」
500グラム単位で、上がフックになっている。それがいくつもあって、おそらくつなげて使うもののようだ。ふと、床を見るとS字フックがセンターに付けられた針金が落ちていた。それを取ると、普通の針金よりも随分と柔らかい素材だった。
「なるほどなるほど、こんなのをわざわざ手作りで作るんだ。面白いな。自分で使ったことあんのか?」
「いや、これはマジで無理です、本当に、勘弁してください。」
「いやいや、それはないわ。」
分銅を複数手の平の上に乗せ、こっちに持って来た。
「これからは自分で試してからやろうぜ。」
縮みあがった金玉をむんずと掴み、手荒く引っ張ると、職業柄慣れているのか手際よくその針金を根元に巻いた。半勃ちだったモノも徐々に元気を取り戻し、左へと湾曲して硬直していった。
「何だ、まんざらでもなさそうじゃねーの。嫌よ嫌よも好きのうち、か。」
と、500グラムの分銅を吊り下げた。足を閉じて分銅を支えるようにしたので、金属やすりで活きのいいモノを思いっきり引っぱたいた。
「開け、ちゃんと足を。もっと、もっとだよ、そうそう。おっほー、すっげえユラユラしてんぜ。もう1個いってみっか。」
と、さらに500グラムの分銅を下げた。金玉二つが皺が取れ、剥き立てのゆで卵のようなきれいな形をしていた。篤の足はプルプル小刻みに震えていた。
「おいおい、動かない方がいいんじゃねーの?分銅がユラユラ揺れちゃうよ。」
吊り下がった分銅は、小さく弧を描くように回転していた。そして、一気に1キロの分銅を追加してぶら下げると、金玉は尋常ではないほどに垂れ下がって赤く紅潮した。
「ぐわぁぁぁぁ!!!」
という悲鳴とほぼ同時に、元々柔らかめの素材の針金だったからか、重さに耐えきれずにすごい音と立てて床に落ちた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月12日

デリバリーB(6)

「何だこれ?」
と、金属棒で半弧を描いた表面に突起のあるものを取り出した。篤は荒くなった息を整えようとしながら見つめている。
「金属やすりだよな?しかし、随分粗いな、こりゃ。何に使うんだ?」
またも篤は顔を背けて答えないでいる。
「警棒とか棍棒みたいなもんか?しかし、金属棒は痛いだろ。」
と、思いっきり半勃ち状態でユラユラ揺れているモノへと振り下ろした。
「痛っ」
「ふふっ、ま、大体分かるけどな。これか?」
と、さっきの眼鏡クリップのせいで赤くなった乳首をこれで擦り始めた。
「痛い痛い!あぁぁぁ!」
「おうおう、そうじゃないだろ?気持ちいいって言うんだろ?え?」
淳平は小刻みに手を動かして、いかにも柔らかそうな皮膚に乗った小さな突起を擦りだした。
「痛い痛い、痛えって、取れる、取れる!!!」
淳平は手を止めると、ちょっと屈んで篤を下から見上げた。
「オマエさ、これってさ、双方の合意でやってんの?俺、拉致ってさ、どうするつもりだったんよ?俺がマゾだって思って拉致ったわけじゃないだろ?ただ、オマエのさ、サディスティック願望を満たしたいがためだけだろ?」
と、また血で滲んだ乳首へと金属やすりをあてがった。
「もう無理です、すみません、すみませんでした。もう許してください。」
「おい、コラ、答えになってねーってんだろ。これで俺をどうしようとたんだ?」
金属やすりでペタペタと篤の頬を軽く叩く。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月11日

デリバリーB(5)

「おぅぅ、いい形になったじゃねーの、え?」
また淳平が雑にその湾曲したモノを握ると、痛いのか、カラダを硬直させた。篤のカラダは汗でじっとりと濡れて、汗の滴が筋張った筋肉を伝って下腹部へ、そして両足へと垂れていった。
「お次はっと、原始的なこれがいいんじゃないか?」
と、今度は目玉クリップの入った袋を持ってきた。2つ一組でタコ糸がついていて、豆サイズから特大サイズまで一通り揃っている。
「こんなん痛そうだな。何に使ってるんだ、おい。」
篤は顔を背けて何も答えなかった。目をつぶって、これからされるであろう苛みを直視できなかった。
「まあ、いいや。手始めに、と」
と、豆クリップを胸の谷間から引き締まった臍にかけて、うっすらと生え揃った体毛を挟み込んだ。
「どっちが強いかだな。そーれっ。」
「あっ痛!」
思いっきり引っ張ったが、思いのほかスルッと外れて淳平はバランスを崩した。目玉クリップを見ると、4,5本体毛が抜けているのが見えた。
「小さいと、ちょっと効率よくないな。」
と、大き目の目玉クリップを取り出して、今度は大理石のように透き通った真っ白な肌の中で際立って黒々としている、鬱蒼と茂った両方の腋毛をガッツリ挟んだ。
「これは随分と挟み甲斐があるな。お、お、取れねーぞ。」
先ほどの要領で引っ張ったが、欲張り過ぎたのか、一本一本の腋毛が剛毛なので容易に抜けそうもなく、そう簡単には外れそうもなかった。
「せいっ」
と、足で篤の臍の上辺りを蹴り上げて、その反動でようやく左側の腋の方が外れた。
「うがっ。」
いきなり腹を抉られたので、篤は呻き声を漏らしたが、すぐに思いっきり右側の腋のクリップを引っ張り、プツプツっという音と共に目玉クリップが外された。
「おお、すげえ腋毛。大量に取れたわ。強えな、やっぱデカいと。」
腋を見ると、ある部分だけがごっそり抜けて、円形脱毛症のようになっている。
「ま、しかしこれって、やっぱこっちに使うんだよな。」
と、ニヤリと笑みを浮かべて篤の顔を窺った。そして、淡い桃色をした、まだ初々しさの残る乳首に手をかけた。ただ、引き締まった胸に小さく乗った乳首は、挟めるほどの凹凸はなかった。淳平は、まだ火照っている股間を膝でグリグリと押し当てながら、その汗でキラキラと光った肌に乗った乳首へと舌を這わせた。ブルブルっとカラダを震わせている様子から、そこが篤の感じやすいスポットだと言うことが分かる。そして、突起がようやく出たところを目玉クリップで挟んだ。
「痛え、痛え、止めろ、止めろ、ちぎれる!」
「おいおい、言葉遣いに気をつけろよ。」
と同時に、勢いよく紐を引っ張った。先ほどとは異なり、ちょっと引っ張っただけですぐに外れた。
「ちぎれないじゃねーか、大げさなんだよ。いつもやってることだろ。」
と言いながら、次なる道具を棚に探しに行った。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月08日

デリバリーB(4)

人の家なので、どこに何があるってのは分からなかったが、そう言えば、さっきろうそくを持っていた時はそこの引き出しが開いていたなってことを思い出した。開けてみると、さっきやられたスタンガンなど、結構いろいろな小道具が詰まっていた。
「おいおい、結構いろいろ持ってんじゃねーの。何、S?だよな、さっき俺、手際よく縛られちゃったもんな。」
無言で篤は顔を背けている。
「ま、いいや。何して欲しい?いろいろできるぜ?」
と、ロウソクに火をつけた。
「とりあえず、定番でもやってみるか、なあ?」
「いや、無理です、本当に。」
「お前、さっきこれ、持っていたじゃねーか。」
「あぁ、熱い、熱い!」
腋に近づけると、チリチリチリという音と共に、濃密に生えていた腋毛を焦がした。冷汗が首筋から引き締まった胸に、そしてくびれた腹へと流れていった。持っているだけでどんどんロウが下に垂れていく。
「大げさだな。お前、人にやっといて、自分に試したことないのかよ?」
と、ロウを足の甲に垂らした。
「あぁ、熱い、熱いですって。」
「何だよ、SM用のロウが熱いわけないだろ?」
と、目線を上にあげると、半勃ちになったモノが鎌首をもたげてユラユラと揺れていた。淳平の視線に敦が気づくと、
「すいません、すいません、チンポは止めてください。本当に、お願いですから。」
といい終わらないうちに、ボトリと大量のロウをその鎌首に垂らした。ロウは見事命中し、そしてそれを吹き飛ばすかのように一気に勃ち上がって、ビンっとその引き締まった腹へ叩きつけた。
「うぉぉぉぉ、熱い、熱い!」
カラダをさっき海から上がったばかりの魚のように、右に左にひねらせてもがいている。それにちょっと遅れる形で、湾曲したモノも右に左にワイパーのように揺れ動いている。
「すっげぇ、口では嫌がっているくせに、もっとやってくださいって反応じゃねーの。」
「うぁぁぁぁ!」
「ほぉぅ、すっげえ。」
と、それからは股間ばかりに集中してロウを垂らし、その反応を十分に楽しんだ。ロウソクの長さは当初の3分の1程度になり、モノはロウでコーティングされて、ぶかぶかのコンドームを被せたような形状になっていた。ろうそくの炎を消して、その固まったロウを剥ぎ取ると、モノは真っ赤になっていたが、その先から流れ出た汁でじっとりと濡れて黒光りしていた。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月05日

デリバリーB(3)

「すみません、すみません、もうしませんから。」
これから何が行われるかもわからない不安から、謝罪の言葉を口にした。
「おいおい、つまらないことを言うなよ。大体、人に電気当てておいてもうしないはなしだろ。」
乳首を強くつねりながら言った。
「ああっ」
と過剰とも思えるような声を上げたが、下方にあるモノがビクンと強めの反応していることは隠し切れなかった。
「おいおい、何だこれ。」
淳平は叩き気味に篤の股間に手をやると、その豆だらけのゴツゴツした手でむんずりと握った。
「ああ、すみません、すみません。」
しかし、そんなことには耳を貸さず、淳平は股間をゆっくりだが乱雑に揉み解し、そしてその部分は硬直度を増していった。
「すみません、やめてください。やめてください。」
「はぁ?お前、言っていることとやっていることが全然違うじゃねーかよ。」
揉めば揉むほどに徐々に硬さは増していき、黒いトランクスの中のモノは、遂にはこれより硬くなることはないだろうというところに達した。
「さ、そろそろ拝ませてもらうかな?」
「ダメです、ダメです。」
という間もなく、サッと脱がされてその部分が勢いよく露出した。細くて12,3cmってところだが、大きく左に湾曲していた。
「何だ、すげえイカしたもの持ってんじゃねーか。」
篤の顔がサッと赤く変色した。こんな明るいところでマジマジと見られるのは初めての経験だった。淳平は、相手が恥ずかしがっている様子を見ると、いたぶりたい欲求が強まった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月04日

デリバリーB(2)

1時間半後に、インターホンが鳴った。律儀に帰ってきたようだ。モニターで一人なのかどうかを確認する。開けるのをとまどっていると、中年のサラリーマンが開けたのと同時に自動ドアから入っていく様子が映し出された。来るか、どうしよう、篤は左手の先を口に入れて右往左往をし始めた。どうしようどうしようと頭が混乱している状態で、1時間半を無為に過ごしてしまった。そうこうしているうちにドアの前までやって来た。
「すいませーん、宅急便ですけれど。」
ぶっきらぼうな声でチャイムを立て続けに押している。ガチャガチャドアノブを回しているので、仕方なく開けると、当たり前のように入って来て、さっきの部屋へ向かった。
「苫米地さん、手錠貸してもらえます?あと、タオルも。」
「いや、あの・・・。」
「手錠、さっき使ったじゃないですか。どこです?」
「いや、でも、それは、俺が、、、」
「早くしてもらえますか?ロープはあるんでいいです。」
仕方なく持ってくると淳平はそれを奪い、篤の両手にかけた。
「え、何です、何です?」
「何ですじゃねーよ、ほら、大人しくしてろよ。」
持ってきたPP紐でロフトの階段部分にくくられると、着ていたシャツを剥がしにかかった。着古されたユニクロの無地のTシャツをまくって、首から外して背中に除けた。
「何だよ、結構おいしそうなカラダしてんじゃんかよ。」
篤は帰宅後に3階のプールで泳いでから食事をとる習慣だったので、痩せ気味ではあったが体脂肪が2桁になったことがなく、腹筋がキレイに割れていた。そして、臍の辺りから胸のあたりまで、薄いけれども中心線をしっかりなぞった体毛が、妖艶なセクシーさを醸し出していた。若干汗ばんでいたためか、モコモコとしたシルエットと体毛の先に垂れた滴がキラキラと輝きを放っていた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月02日

デリバリーB(1)

インターホンを押しドアが開くと、寝癖のついた無精ひげの男が。苫米地篤はamazonの品を毎日のように受け取っているので、もう顔なじみだ。こっちは打ち解けているつもりだけれど、淳平はまるで初めて会ったかのような塩対応。軽いけれど大きな荷物を3つ渡して、次の配達先に向かおうとすると、背後から痺れるような痛みを受け、その場に前のめりに倒れた。
気がつくと、周囲は漆黒の闇に包まれていた。腕の辺りと顔の右側がヒリヒリしていた。原因が思い出せないが、ハッとした。そういや、配達の途中だ。しまった、寝入ってしまったと思って起き上がろうにも手首が何かにくくりつけられていた。すると、向こうから火のついた太い蝋燭を持ってやってきた。状況が掴めた。拉致されたのか。向こうが何か言いかけたが、淳平の方が速かった。
「何時ですか、今。」
えっ、この状況で?
むしろ篤の方が戸惑った。
「配達の途中なんで。15階の苫米地さんですよね?名前も知っていますし、トラックがずっとマンションの前に置いてありますし、それに営業所に報告する時間なんで、しないと営業所から安否確認の連絡が逆にかかってくるんです。それでも大丈夫ですか?」
淳平は口から出任せを言っただけだが、篤は言い返す言葉が見つからなかった。
「明かりつけてもらっていいですか?あと、これも外してください。」
いろいろ考えて完璧だと思われる計画を立てた上で拉致をしたが、そう言い返されるとぐうの音も出なかった。女ならいざ知らず、男を拉致したところで警察に言ったりしないだろうという身勝手な思い込みが無残に打ち砕かれた。
「あの、警察には・・。」
「もちろん、言いませんが。」
淳平の言うとおりに手錠を外した。冷や汗が止め処なく流れてきた。
「1時間後に来ますから。」
「はい?」
またあっけに取られる。
「こっちは住所から何もかも分かっているってことをお忘れなく。じゃ、1時間後に。」
そう言い残して、足早に出て行った。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)デリバリーB 

2019年05月01日

雑記帳(2019/05/01)

そうこう言いつつ、結構書き溜めたので、徐々にアップしていきたいなと思います。今後は「デリバリーB」「デリバリーC」「一石二鳥のアルバイト」を書き終えているので、大体週3ペースで載せていこうと思います。不思議なもので、漠然とタイトルを考えて書いたはいいけれど全然筆が進まないっていうのもあれば、急に閃いて一気に書き進めて完成ってのもあるし、っていうことで、他のもさっさと閃きたいのは山々なんだけど、これがなかなか、ね。難しいものだわ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)雑記帳 

2019年04月27日

雑記帳(2019/04/27)

大分書き溜めた。いろんな話を並行して書き進めているんでね。どれも中途半端で全然公開できなかったけれど、結構最近一気に書いたのでチョロチョロと公開予定。目新しいテーマは特に書き始めていない。皆さんどんなのがお好みなんかね?まあリクエストを言われたところで書かないけれど。まあ、人気のない小説をいくら書いたところでそれは自己満足だからね。エロ小説に段々シフトしている感じもするけれど、結果エロくなっているだけで、エロエロ100%ではないんだよね、そもそも。分かっていただけているだろうか?ま、俺も書いていて勃ってくることもあるんだけどさ。妄想ですんで。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)雑記帳 

2019年04月24日

一石二鳥のアルバイト(14)

なんだかこんなの蹴ってもなって感じだが、これも仕事なんでってことで、素足で踏んでみた。すると、予想通りムクムクと股間が息を吹き返してきた。「潰してください、気が済むまで潰してください。どうか許してください。」なんだ、コイツ、とことん根の腐ったクソ野郎だなと呆れたが、そういうので、股間を蹴り上げた。その勢いで、玉が引きちぎれるんじゃないかというくらい、上に跳ね上がった。「まだ、まだぁ。」とちょっと甲高い声になって言うので、今度はもっと正確に狙いを定めて股間を狙って蹴った。足の指先に玉が引っかかる形になって蹴り上げたので、本当に玉を蹴り上げる形になった。バチンとその反動で竿が腹に当たって音を立てた。「ぐひゃぁぁぁぁ。」と股間に手を当てて足をばたつかせてもんどりうっている。逆の立場ではなくて良かったというくらい、ジャストヒットしたからな。見ているこっちまで痛みが移ってくる。粗い呼吸をしてこっちを睨んでいる。相変わらず股間を押さえている手を掴むと、観念したかのようにその手を除けた。そして、正拳突きを玉二つに目がけて打ち下ろした。「あぁゃぁ。」と短い悲鳴をあげると、やはりいつものように白濁した液を垂らしながら気を失った。「ふぅっ」と一呼吸置いて、ステンレスの皿の上に置いてある万札を掴むと、その姿を顧みることなくシャワールームに向かった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月21日

一石二鳥のアルバイト(13)

しかし、本当にビビっていたのか知らないが、股間を直撃はしなかったんで全然効かなかった。その姿を見て、さらに高志は目を丸くしておびえた表情をしている。「ああ、やっちまった、やっちまったよ。俺、殺されるよ、違う、違うんですよ、魔が、魔がさしたんですよ。許してください。俺、そんなんじゃないっすよ。」と、高志はおもむろに着ていた汗でドロドロになったシャツやズボンを脱ぎ棄てて、一糸まとわぬ姿になって、仰向けになった。「ほらぁ、俺、もう何も持っていないっす、無防備です、もう、俺、何されてもいいっす。何なら、ほら、蹴っていいっす。」と足をかぱっと開いて、無防備な股間を剥き出しにした。本当に恐れているらしく、股間はもうこれ以上ないって言うほど、土にめり込んだドングリのように縮こまっていた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月20日

一石二鳥のアルバイト(12)

「おい、テメェ、ゴルゥゥゥアァ!」と、何やら当初から立腹モード。まあ、高志のことを知らないけれど、仕事相手なのか部下か上司か、分からないけれどストレスが溜まるとそれをここで発散させている。まあ、どこかの中小企業のドラ息子か何かなんだろう。「何だありゃぁ、テメエ、ふざけんな、仕事なめんな、おいっ。」と、肩を突かれる。身に覚えがもちろんあるわけではないのでされるがままになっている。「テメエ、その頭は何だ、スカスカか、脳みそスッカラカンか、頭使え。カラダばっか鍛えて脳に栄養行ってねーんだろ。」ま、俺のことも混じっているんだろうか、それとも俺に似た奴でもいるのだろうか。「何とか言えよ、おい、おいっ。」知らないので憮然としている。「食いもんに文句つけやがって、豚が、残飯でも喰ってろ。」背景を知らないので、怪訝そうに高志を見ていると、「何だ、その目は、その反抗的な目は何なんだよ。何だ、テメエのオヤジがなんぼのもんなんだよ、俺は怖くねえぞ!」と言って、浩輔の股間を蹴り上げた。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年04月18日

一石二鳥のアルバイト(11)

浩輔は今日もトレーニングに励む。ビキニパンツも結構ヨレヨレになったんだけれど、まあ使い古しがいいっていう嗜好らしい。壁にはボディビルダーのポスターがデカデカと貼りだされている。このアパート自体はかなり古くて、壁紙はもうボロボロになっている。ダンベルを肩の上まで上げて上下させる。これだけ大胸筋が発達すると、筋肉を維持していくのはもちろんのこと、その大胸筋を維持するための筋肉も必要になるという、まあ半端ない労力が必要になってくる。それでいてパキパキに割れた腹筋まで維持しなければならないのは至難の業だ。ここまでになると止めるに止められない、そんな状況に陥っている。鏡を見る。鏡で入念にバランスをチェックするのも重要だ。すると、ガチャっとドアが開いた。鏡越しに高志の姿が見えた。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月06日

堕ちるところまで堕ちて(17)

「そうでしょ、そりゃそうでしょ。皆、フニャチン弄りにわざわざ来たんじゃないんだからさ、頼むよ、こっちも金返金しなきゃならない。そもそも、自分で選んだんじゃなかったっけ?」
まあ、それもそうだな。皆にはちょっと待ってもらって、自分で扱いてまずは勃起させることにした。
しかし、自分では朝飯前だと思っていたが、いざやってみると全然、自分のカラダの一部なのに無反応だ。いつもは不随意に勃起するくらいなのに、今日に限っては全く血液が入っていく感じがしない。周りを見ると先ほどにも増して実に冷ややかな視線だ。いかにも「何やっているんだよ。」「とっとと勃たせろよ。」「それでも男なのかよ。」的な不信感、失望感がアリアリと見える。冷や汗が額から流れ落ち、冷たい床を濡らしていった。
この、不気味なほどの静寂な時間がどのくらい続いたのだろうか。恥ずかしがって縮こまった股間についたモノはどうしようもなく、そのすぐ後方に二つの玉が、どこ吹く風で何事もなかったかのような平気な風情でぶら下がっているのが寒々しかった。自分には関係ないと言わんばかりに。
「申し訳ございません。今日は諸般の事情で返金させていただきます。」
ブツブツオヤジたちは文句を言いながら、金を受け取った。そのまま帰るオヤジもいれば、椅子に座ってカバンをまさぐったり折りたたんだ新聞を読み出したりするオヤジもいる。次の回があるのだろう。
浩輔はようやく諦めて、乱雑に脱いで置いてあった服を着た。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月04日

堕ちるところまで堕ちて(16)

小学校の綱引きで使うような太いロープを掴んだ。もちろん、俺のモノは無防備に曝されている。被って、縮こまってコンパクトになった状態で。皮が長いんで、いきり立ったマックスな状態でも3分の1程度しか現れない。人と大きさを比べあうってことができないくらいコンプレックスなのだが、それが今、見ず知らずのジジイどもに見られている。気のせいかもしれないが、若干失笑にも似たニヤツキと、興味を失ったかのような冷めた目がこっちのカラダを貫いている。
「じゃ、皆さん、いいですか?今日は竿です。イカせた人が総取りになります。最初は手だけですから、よろしくお願いします。」
赤ら顔のオヤジは後ろのコーナーで座って携帯を弄ったままだ。今日は参加しないらしい。で、髪がかろうじてサイドに残った、ゴルバチョフのようなシミがあるはげオヤジが最初だ。例によってチンとなり、俺の竿を乱雑に掴む。ゴニョゴニョ弄っている感覚は伝わってくるが、あっという間に時間が過ぎ、次の細長い、ちびまる子ちゃんに出てくる友象の実写?みたいな風貌の奴がまた俺の股間に手を伸ばす。なんだか前に淋病をしたときに医者にこねくりまわされたことを思い出した。
チンとなると、何やら客のうちの一人が黒メガネに文句を言っているようで、赤ら顔が早足でこっちに来た。
「浩ちゃんさ、勃起させないと。成立しないから。」
「イカないようにするんじゃないんですか?」
「説明でイカせたら賞金って聞いてなかった?」
「そしたら俺の負けですよね?」
「イカなかったら賭け金が次に持ち越しだけど、勃起してないと、この企画自体成り立たないんだよね。」
「そうなんですね。」
「これ流れたら、供託金没収よ?」
「え、マジですか!?」

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年12月26日

堕ちるところまで堕ちて(15)

5日後、思ったよりも早くに呼び出された。いつもの地下だ。入ると、既に人が10人ほどいた。
「浩ちゃん、結構な人気でさ。即完売。ま、今日は頑張ってよ。じゃ、15,000円。」
「え、俺が払うんですか?」
「供託金の説明したでしょ。15人いるんで。」
「いや、相殺すればいいかなって思ったんですけど。」
「ツケは勘弁して欲しいんだよね。あと、今回は分かんないだろうからこっちで決めたけれど、次回からは金額設定も自由だから。けど、供託金も変動するけどね。」
それを支払ってしまうと、もう財布の中はほとんど残っていなかった。遅れてくる人もいて、結局15人が集まった。
今日は隙間だらけの出っ歯で、黒縁メガネをかけた七三分けが、高校のときに使っていた薄茶色の机に座っていたが、また聞き取りづらい声で、
「そろそろ始めますから、また整理番号順に並んでください。」
で、その七三分けがこっちに来た。髪の艶がすごいなと思ったら脂で、フケが凄まじかった。
「あの、準備してくれますか?」
準備??
「脱いでくれないと、始まりませんから。」
そっか、俺待ちか。脱ぐ場所って、・・他に部屋ないもんな。で、赤い顔をしたオヤジは興味なさげに携帯を弄っている。
「パンツはないんですか?」
「え?今日、竿でしょ?」
そっかぁ、最初からそのパターンか。
「脱いだら、そこの上から釣り下がっているロープあるでしょ?それを両手で掴んだ状態で待っててくれる?」
黒縁メガネは、若干メガネをずらしてボールペンでその先のフックから吊り下げられた太いロープを指し示した。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月13日

概要(2018/10/13)

概略

初めて読む人のために、この小説集の概略を書きます。全部にゲイが主人公で登場しますが、タイプはいろいろです。

「川辺にキラリ」
一応、処女小説。短篇です。別れを自分の中で消化しようとする過程を描いたつもりです。

「短かった夏」
これも短篇です。別れ話がこじれ、何も言わなくなった相手に思い出話をするっていう話です。

「優先順位」
中編小説です。家庭と不倫の両立ができなかったって話です。主人公は中年のマッチョです。

「愛しているって言って」
中編小説です。一話一話で完結するように書いています。恋愛小説であり、SMの話ですけれど、そんなにエグい感じではないです。(たぶん)

「ハサミムシ」(執筆中)
これも中編小説です。一話一話で完結する感じです。この小説だけ、特に取り柄のないクズ人間が主人公です。いろいろなクズを集めて書いていけたらなと思っています。

「僕の彼氏は韓国人」(執筆中)
中編小説です。「愛しているって言って」と同じく一話完結の恋愛小説ですが、韓国人の特性みたいなものも織り込んだつもりです。一応、これは実体験に基づく私小説的なものですんで。

「夜明け前」
短篇小説です。深夜のゲイバーで繰り広げられたちょっとした恋愛小説です。

「そんなに仕事が大事?」
短篇小説です。失恋を中心において、仕事で追い詰められていく様子と織り交ぜて書いてみました。

「とことん付き合って・・いけるか、俺?」
中編小説です。完璧主義でシンメトリーが大好き。神経質で疑問点はとことん探求するという主人公とそれに振り回される彼氏との関係を描く、一話完結型の恋愛小説です。

「耐えてみろ!」(執筆中)
長編小説です。スジ筋とマッチョの二人を、主人公を入れ替えたりして書き進んでいます。腹筋ベースでちょっとSM小説チック、主として腹責めです。でも、他の腹責め小説に比べると、さっぱりしている(物足りない?)感じだと思いますが。

「落ちるところまで堕ちて」(執筆中)
長編小説です。一応SM小説で、主人公はマッチョな大学生で、金をきっかけにして自ら進んで壊れていく過程を書いていきます。

「終わりの見えないデスマッチ」
長編小説です。SM小説で、中でも金的メインです。主人公は二人ともスジ筋で、マッチョが脇役で出るって感じです。

「終わりの見えないデスマッチB」(執筆中)
長編小説です。基本、金的メインとかは変わらないんですが、主人公や登場人物が大分代わります。

「デリバリー」
中編小説です。主人公二人ともマッチョです。ま、焦らし系小説ですね。全然話が進まないじゃないかって感じですけれど、これが小説の醍醐味だと思ってもいます。時間がもっとゆっくり進むといいのに、と思っている人向けですね。

「デリバリーB」(構想中)
中編小説です。宅配便のイケメンが拉致られるけれども、立場が逆転してって話です。

「デリバリーC」(構想中)
中編小説です。宅配便のイケメンが気のいい青年マッチョを手籠めにするって話です。

「灰色の空間」(構想中)
中編小説です。SM小説で、拷問系ですね。これも韓国を舞台に書いています。

「代償」(構想中)
中編小説です。ゲイ差別を受けるけれど、立ち向かっていく話です。

「台南の風に吹かれて」(構想中)
中編小説です。イケメン台湾人と旅先で恋に落ちてしまうという恋愛小説です。これも「僕の彼氏は韓国人」に引き続き、実体験に基づく私小説のようなものです。

「ゴーグルマン」(執筆中)
中編小説です。マッチョなノンケがゲイビデオに出演する過程を想像で勝手に描いています。ノンケと言ってもね、ですけど。

「スプラッシュ」
中編小説です。マッチョがいびられる話です。

「眠らない街バンコク」(構想中)
中編小説です。イケてるタイ人と旅先でイチャイチャする話です。これも、実体験的私小説です。

「まだまだ若い者には負けんぞい」(構想中)
中編小説です。ジジイばっかりが登場しますんで、面白いかどうかは俺も疑問です。

「よくあるファミレスでのできごと」(構想中)
中編小説です。2丁目にあるファミレスという設定でオムニバスな感じで書いていきます。

「栗の香りに囲まれて」(構想中)
短篇小説です。ハッテン場の従業員のつぶやきです。

「一石二鳥のアルバイト」(執筆中)
中篇小説です。趣味と実益を兼ねた、M的要素の強いマッチョが金的調教をされる話です。

「こんなはずではなかった」(構想中)
中編小説です。ある事件がきっかけで人生が大幅に狂ってしまった人の回想記です。

「家庭教師」(構想中)
中編小説です。悶々とする高校生と家庭教師の危ない情事です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 19:49|PermalinkComments(0)はじめに 

2018年09月29日

耐えてみろ!(23)

「おい、止めろって、おいっ」というのを聞かず、ずっとジュポジュポという音を立ててしゃぶっていると、硬く怒張するのにそう時間はかからなかった。そして、そうなってはいくら止めろと言ったところで何の説得力はなかった。シャツをまくり上げて、ボコボコに硬い腹筋をなぞって恭太の手が乳首へと達しようとした。触らないうちからカラダをビクつかせて喘ぎ声が抑え切れずに出てしまったのを恭太は聞き逃すはずがなかった。しゃぶるのを止めて、乳首を舐めつつ、その下で唾液で濡れ、鉄のように固くなったモノを扱きだした。すごい速さで扱かれたその固いモノは、そう時間もかからずに、その先端部からジャッという音と、人幅ほど離れた壁にバシャッと壁に穴が開くのではないかと言う勢いで粘着質の液体が突き刺す音がほぼ同時に聞こえた。そして、その後を掃除用ホースからただ水がバチャバチャと単調に床に流れて落ちる音が聞こえていた。そして、何事もなかったかのように恭太は風呂場から出て行った。目の前のくすんだ水色のタイルには、先ほどのことが現実だと言わんばかりに、大量のドロドロとした液が、ゆっくりと下に流れ落ちていくところだった。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)耐えてみろ!Ⅶ 

2018年09月27日

耐えてみろ!(22)

2週間くらい経ち、風呂掃除当番だった慎吾は、せっせとブラシで床を擦っていた。慎吾は生来がキレイ好きであったので、こうした作業は嫌いではなかった。また、集団生活の中で一人になれる時間と言うのは貴重で、たとえそれが掃除であっても、リラックスできた。すると、ガラスの引き戸がガラガラと開いて、恭太が入ってきた。「何?」「この前はありがとうございました。言ってくれたおかげで、それからいろんな用を頼まれることがなくなって、本当に・・だから、代わります。」「いや、いいよ。それに、敬語止めようぜ。同じ学年じゃん。」「いや、でも、代わるから。」「いいよいいよ、それしたらまた同じじゃん。」「いや、でも・・。」「本当に気持ちだけで大丈夫だから。」「いや、じゃあせめてこれで。」と言うと同時に、前に回ってしゃがみ込むと、慎吾のジャージを半分ずり下ろして、露わになったモノをさっと口に含んだ。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)耐えてみろ!Ⅶ 

2018年09月24日

耐えてみろ!(21)

隣の部屋で怒鳴り声が聞こえてきた。あまりにもえらい剣幕でよく聞き取れなかったが、どうも先輩に頼まれていたものを忘れて、買ってこずに部屋に戻ったので怒られているらしい。咄嗟に、慎吾が隣の部屋を覗いて、「すみません、それ、俺が食堂の掃除頼んじゃったからなんです。すみません、俺が買ってきます。」と間に入った。第三者に割り込まれて、急にばつが悪くなったのか、「そっか、じゃあいいわ、急いでねーし。」と怒りの矛を収め、どこかに行ってしまった。「ありがとう。」と恭太が深々と頭を下げたので、「いいんだよ、ちょっと寝ようとしたらうるさくて眠れなかったからさ。」とちょっと照れた感じで隣の部屋に戻った。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toppoi01 at 08:30|PermalinkComments(0)耐えてみろ!Ⅶ 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント